FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つばた町民八朔まつりで『情熱のつ~バーガー』が復活!!

津幡町の夏の3大風物詩といえば、河合谷の木窪大滝名物「流しそうめん」
河北潟干拓地の「ひまわり村」、そして、明日8月3日(土)に
同町住吉公園で開催される「つばた町民八朔まつり」ですね。

展望台から眺めるひまわり村は最高! ひまわり村の迷路で楽しむ!

その八朔まつりでは、今年3月に開催された「つばたまいもんウォーク2013」で
大好評だった幻の『つ~バーガー』が復活します!!
今回はなんと!!5種類もの創作『つ~バーガー』が登場するそうですよ♪

幻の『つ~バーガー』が登場するつばた町民八朔まつり

津幡のご当地グルメとして『つ~バーガー』を定着させようと頑張ってる
町商工会青年部のブログは、必見の価値ありです。
みなさんも応援してくださいね(^o^)

『つ~バーガー』に協賛するおまん小豆の専門店『おまん茶屋』 八朔まつりで店頭販売される『おまん小豆アイス』

八朔まつりの会場となる住吉公園の近くには、『つ~バーガー』に協賛する
町特産のおまん小豆の専門店『おまん茶屋』があります。
当日はおまん小豆アイスを店頭販売し、午後6時まで延長営業するそうです。
ぜひ立ち寄ってくださいね(^o^)
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

倶利伽羅 竹橋宿の獅子舞

先日、倶利迦羅不動寺の「厄除け念仏赤餅つき」を見に行った帰りに、
津幡町竹橋(たけのはし)で偶然、集落を回る獅子舞に出くわしました。
その日は同地区の倶利伽羅神社の春祭りで、各家の前には趣ある絵柄の提灯が飾られていました。

江戸時代から伝わる竹橋獅子舞の柳川流の棒振り 風情ある街並みが残る竹橋宿

かつて加賀藩の参勤交代の宿場町として栄えた竹橋には、集落の真ん中を
倶利伽羅峠に向かう一本の長い旧街道が走り、当時の風情ある街並みが今も残っています。

獅子舞に付き添う竹橋獅子舞保存会の中川敏哲さんによると、同神社の春季祭礼は本来なら4月13日ですが、
他の地区同様、住民が休みを取れる4月29日に開催するようになったそうです。
加賀獅子の流れを汲む同獅子舞では、江戸時代から伝わる柳川流の棒振りの流技を忠実に守り、
今日まで伝えていると、誇らしげに語ってくれた中川さんが印象的でした(^o^)

チビッ子大活躍の竹橋獅子舞 天狗面の「猿田彦」が道案内する竹橋の神輿

「倶利伽羅合戦図屏風」でその名が知られる倶利伽羅神社には、
その日の午前中に集落を回った神輿が飾られていました。
残念ながら、津幡ではめずらしい神輿の行列は見れなかったのですが、
行列では天狗の面を被った「猿田彦(さるたひこ)」が道案内するんだそうです。

「つばたふるさと探偵団」会長の越野昭さんの説明では、日本神話に登場する神「猿田彦」は、道祖神ともいわれ、
その容姿が背が高くて鼻が高い天狗に似ていることから、「天狗さん」の愛称で親しまれているそうです。

「倶利伽羅合戦図屏風」で知られる倶利伽羅神社 上から見た倶利伽羅神社の石段

普段はひっそりと静まりかえった同神社で、この後、
越野さんたち地区民が参列して春季祭礼が厳かに執り行われました。

厳かに執り行われる倶利伽羅神社の春季祭礼 倶利伽羅神社所蔵「倶利伽羅合戦図屏風」

源平の興亡の明暗を分けた最初の大きな戦いともいえる「倶利伽羅源平合戦」、
その5月11日(1183年)が今年もやって来ますが、
その壮絶な戦いが描かれた「倶利伽羅合戦図屏風」のレプリカが、
同神社からほど近い道の駅「倶利伽羅源平の郷」竹橋口に展示されています。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

倶利伽羅峠の春を告げる八重桜

今週末から始まるゴールデンウィークは、6,000本の八重桜が咲き誇る倶利伽羅峠に出かけませんか?

1183年5月11日の倶利伽羅源平合戦にちなんで、4月27日(土)には
倶利伽羅古戦場跡で「加賀VS越中おもしろ源平大綱合戦」が開催されます。
昨年は津幡の平維盛軍が小矢部の木曽義仲軍に惜しくも敗れ、
これまでの通算成績は3勝4敗だそうですが、今年はどちらが勝利するか、楽しみですね♪

4月27日(土)加賀VS越中おもしろ源平大綱合戦

次いで、4月28日(日)~5月5日(日)まで「倶利迦羅さん八重桜まつり」が開催され、
ちょうどその時期、倶利伽羅公園一帯の八重桜が満開を迎えます。
期間中の夜間(18時〜22時)は、満開の八重桜がライトアップされますよ♪

4月28日(日)~5月5日(日)倶利迦羅さん八重桜まつり

また、4月28日・29日の両日(午前11時~12時)には、倶利迦羅不動寺
厄除けの念仏赤餅つきが行われ、参拝者に無料で振る舞われるそうです。

4月28日・29日(午前11時~12時)厄除けの念仏赤餅つき

今年の連休は、倶利伽羅峠の春を告げる八重桜を堪能してくださいね♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

能瀬川公園桜まつり

先週の日曜日、能瀬川公園桜まつりに行ってきました。
春本番を迎えた空の下、両岸の桜が満開の能瀬川で、屋形船が行き交い、
こいのぼりも気持ち良さそうに泳いでいました。

桜が満開の能瀬川をパレードする花嫁道中

同地区で「順徳さん」として親しまれる上皇伝説にちなんで、
今年は高本隆さん扮する順徳上皇の船上パレードでまつりが幕を開けました。

同まつりを主催する「能瀬川公園観桜会(かんおうかい)」会長の板坂勝義さんによると、
同会十役の一人が毎年、持ち回りで順徳上皇に扮するそうです。
まつりを盛り上げようと2007年から始まった順徳上皇船上パレードと
花嫁道中&船上パレードは、今や能瀬川の春の風物詩となっています。

船上から挨拶する順徳上皇 板坂さんの長持唄と見物人の拍手に迎えられた花嫁行列

次は、まつりの最大の目玉である花嫁道中の船上パレードと行列の登場です!
和装の新郎新婦に米俵3俵と長持ちを乗せた屋形船が、能瀬川をゆっくりと進みます。
そして、船から降りた二人は、板坂さんが唄う「長持唄(祝い唄)」と
大勢の見物人の拍手に迎えられながら、会場ステージに向かいました。
花嫁さん、とっても綺麗でしたよ♪ご結婚、おめでとうございます!お幸せに(^O^☆♪

板坂さんによると、かつては日本各地で見られた花嫁行列を再現したそうです。
昔は隣村に嫁に行くときに、長持ちや箪笥、米俵を担いだ人たちが
「長持唄」を唄いながら、花嫁行列が新郎の家まで歩いたんだそうです。

順徳上皇と新郎新婦を乗せた屋形船は、町所有の「ひふみ丸・日号」で、
当日は乗船体験も行われ、水上からも花見を楽しんでいました。

屋形船「ひふみ丸・日号」の乗船体験 会場ステージを見入る観客たち

この後、会場ステージでは歌謡ショーや各種芸能が披露され、夕方近くまでまつりが続きました。
中でも、板坂さんが歌った「朝はか」は、藩政期に地区の農民が豊作を祝って歌った民謡だそうです。
また、同地区の歴史愛好家グループ「英田塾」が復活させた昭和初期の民謡「能瀬小唄」も披露され、
当時の情景を懐かしみながら観客は聴き入っていました。

同まつりを通して、地区に古くから伝わる民謡を広く知ってもらい、
後世に伝えていきたいと、板坂さんの熱い思いが伝わってきました。

ところで、能瀬川に河童伝説があるのをご存知ですか?
古文書などの記録は残っていないのですが、同地区では
昔から「能瀬川で河童を見た」と口で語り伝えられてきました。
屋形船を運航する同まつりでは、水難事故防止のために、
好物のキュウリを供えて河童に安全祈願したこともあるそうです。
来年は、この「河童祈願」をぜひとも復活させてほしいですね(^o^)

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

「能瀬川公園桜まつり」が開催されます!

来週日曜日の4月14日に、満開間近のソメイヨシノ100本が両岸に並ぶ能瀬川で、
能瀬川公園桜まつり」が開催されます。
津幡町能瀬地区の町おこし住民グループ「能瀬川公園観桜会」が主催するこの桜まつりは、
鎌倉時代に承久の乱で敗れた順徳上皇が佐渡へ流される途中、
同町御門(みかど)で3年間滞在したという伝説がテーマになっています。

屋形船が行き交う桜満開の能瀬川

順徳上皇の船上パレードや、和装の新郎新婦が水上をパレードする「花嫁道中」など、
当日は桜舞う能瀬川を屋形船が行き交い、さながら絵巻物のような情景を楽しめます。
乗船体験はもちろん、多彩なステージショーや餅つき大会もありますよ♪

◆当日プログラム※雨天決行(延期なし)
9:30 開会花火打ち上げ・順徳上皇船上パレード
9:45 開会式・観桜会代表挨拶・来賓挨拶
10:00 花嫁道中・船上パレード・花嫁行列(祝い唄)・ステージトークショー
10:45 民謡(村田民謡会)
11:15 ロックバンド演奏(フォーリーフクローバー)
11:45 和太鼓(鼓月)
12:15 もちつき大会
(休憩:和服パフォーマンス)
13:00 ヒップホップダンスショー(東原慶とその仲間たち)
13:30 書道パフォーマンス(橋本洋子)・詩吟(東繁夫)
14:00 チアダンス
14:30 女性コーラス(コールあじさい)
15:00 三輪一雄ショー

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 津幡町特産 獅子舞 カフェ 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。