FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河合谷の郷収穫祭

先週の日曜日、津幡町河合谷ふれあいセンターで開催された収穫祭に行ってきました。
あいにくの曇り空でしたが、根強い人気がある河合谷の
農産物の収穫祭だけあって、大勢の人で賑わっていました。

江口誠一さんの案内で野菜の品評会を見学 丸々と太った大きな大根や白菜

まず、江口誠一(河合谷地区振興会会長)さんの案内で、
地元の農家さんたちが生産した野菜の品評会を見学しました。
会場に入るとまず目に入ったのは、丸々と太った大きな大根や白菜でした。
江口さんの説明では、標高200メートルの寒暖差が大きい河合谷では野菜が大きく育ち、
河北潟干拓地など他のものと比べて、甘みとシャキシャキ感たっぷりなんだそうです。
シイタケ産地でも有名な河合谷、シイタケやナメコ、キクラゲのほだ木も並んでいました。

ナメコとキクラゲのほだ木 初めて見た細長いカボチャ

品評会で入賞したこれらの見事な野菜たちは当日、来場者によって入札されます。
数年前には自然薯(じねんじょ)が1万円もの高値で落札されたそうですが、
今年は残念ながらイノシシが大好物の自然薯を食べて全滅、出品されていませんでした。

めずらしい山野草展 大勢の人で賑わう河合谷の郷収穫祭

会場の広場では、採れたての農産物を始め、地元の食材を使った屋台が並んでいました。
中でもめずらしかったのは、他の収穫祭では味わえない『白小豆ぜんざい』です。
同地区老人クラブが数年前から栽培を始め、毎年収穫祭でぜんざいとしてお目見えします。
高級和菓子の材料に使われる白小豆は栽培が難しく、赤小豆と比べて希少な小豆なんだそうです。
皮が柔らかくて上品な甘さの『白小豆ぜんざい』、とても美味しかったですよ♪

無料で振る舞われたお餅に長蛇の列 他の収穫祭では味わえない『白小豆ぜんざい』

江口紋子(つばたふるさと探偵団)さんたちの屋台では、
河合谷米で炊いた町特産マコモの炊き込みご飯を美味しくいただきました。
タケノコのような食感があるマコモは、実はイネ科なんだそうですが、
くせがなく、ほのかな甘みがあり、どんな料理にも合うんだそうです!

焼きたてのイワナの味は最高☆ 河合谷米で炊いた町特産マコモの炊き込みご飯も完売!

知る人ぞ知る、イワナ釣りの隠れスポットとしても有名な河合谷、そのイワナの塩焼きの屋台も出ていました。
串刺しのイワナがずらりと並んで焼かれている姿に、思わず引き寄せられました(^o^)
その場でいただいた焼きたてのイワナの味は最高でした☆

イワナは清流にしか住めないといわれますが、水がきれいな河合谷では、夏になると、
本流の大海川や支流の瓜生川、木窪川でイワナ釣りができるんだそうです。
木窪大滝の流しそうめんでは、今年は1ヶ月あまりの開催中に、
11,000匹ものイワナの塩焼きが売れたそうですよ♪
午前中だけの開催だった収穫祭当日も、400匹のイワナを完売したそうです。

自然豊かな河合谷では、「河合谷の郷即売所」脇の農業用水路を活用した
マイクロ水力発電の試験導入が始まっています。
低コストで発電できるこのシステムに期待が寄せられ、
将来的には街灯や同即売所の電源に利用したいとしています。

見事な紅葉を見せる木窪大滝入口のアカカエデ 静寂の中で豪快に流れ落ちる木窪大滝

お腹がいっぱいになったところで収穫祭を後にし、木窪大滝まで車を走らせました。
大滝入口では、見事な紅葉のアカカエデが出迎えてくれました。
下に降りていくと、紅葉の木々に囲まれて、静寂の中で豪快に流れ落ちる大滝の音が響き渡っていました。

雪囲いに精を出す木窪住民 木窪集落の民家になるザクロの実

途中、木窪集落でめずらしい光景を目にし、思わず車を止めました。
冬に向けて、山里ならでの雪囲いの作業をしていました。
この辺りでは冬になると、1メートルほどの積雪があり、大滝に向かう道路も冬季は閉鎖されるそうです。
民家の庭先になったザクロの実が、晩秋の風情を感じさせてくれました。

秋の収穫祭を終えた河合谷では、本格的な冬を迎えようとしています。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

ハロウィンパーティー in 河北潟 2012

河北潟の魅力を発信しようと、先週日曜日に石川高専と金沢大の学生たちが
主催した「ハロウィンパーティー in 河北潟 2012」の動画が配信されました。
イベントに来た人も来れなかった人も、ぜひご覧ください。



河北潟干拓地の「ハーブ農園ぺザン」で開催されたハロウィンパーティーは、
あいにくの雨にもかかわらず、仮装した大勢のチビッ子や若者たちが楽しんでいました。

会場「ペサン」入口に並んだハロウィングッズたち☆ 津幡町興津のみんなが作ったお化けランタン☆が飾られた「ぺザン」農園内

このパーティーの目玉のひとつ、スイーツコンテストで見事グランプリに輝いたのは、
「ぷてぃっとふぃーゆ」さん製作の「しゅしゅぽてぃろん」でした。(金大の学生さんたちだそうです。)

スイーツコンテストで見事グランプリに輝いた「しゅしゅぽてぃろん」 スイーツコンテストに出場したスイーツたち☆

抹茶色のしっとりとした生地にカボチャクリームがのったタルト、とっても美味しかったですよ♪
さらに、デコレーションの可愛い☆クッキーたちが花を添えてくれてました。
このグランプリ・スイーツが「メープルハウス」のパティシエの手を経て、
昨日から開かれている「いしかわスイーツ博2012」で販売されているそうです。
この機会に、ぜひお試しください!

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

くりからござっさい祭り

先週の日曜日、くりからござっさい祭りに行ってきました。
あいにくの雨でしたが(^_^;)新鮮な農産物や地元特産品を求める人たちで賑わっていました。
無料で振る舞われたマコモ汁とつきたてのお餅には、長い行列ができていました(^o^)

新鮮な地元農産物 つきたてのお餅が大人気

おまん小豆の会が発案した『源平おにぎり』の売れ行きも好調でした。
町特産のおまん小豆とマコモを使って、倶利伽羅源平合戦にちなんで
名付けられた『源平おにぎり』は、源平の旗の色をイメージしたんだそうです。
ちなみに、おまん小豆入りおにぎりが平家の赤旗、マコモ入りおにぎりが源氏の白旗です。

おまん小豆の会の寺西さんたち 源平の旗の色をイメージした『源平おにおぎり』

会場広場のステージでは、東荒屋虫送り太鼓保存会による太鼓が披露されました。
この耳慣れない『虫送り太鼓』について、同保存会の山本正則さんに話を聞いたところ、
かつて農薬がなかった時代に、夏になると、大きな松明(たいまつ)をたいて、
稲の害虫を追い込む『虫送り』の行事が行われ、その際に太鼓を打ち鳴らしたそうです。
しかし、農薬の普及などで50年ほど前から、津幡町の各地区で行われていた虫送りは、
次第に行われなくなっていきました。
そんな中、東荒屋地区では『虫送り太鼓』を復活させようと、保存会を立ち上げ、
同校下の子どもたちに『虫送り太鼓』を伝授し、次の担い手を育成しています。
その成果が当日、東荒屋子ども会による太鼓で披露され、会場からは大きな拍手が送られました。

東荒屋虫送り太鼓保存会による太鼓 東荒屋子ども会による太鼓

山本さんによると、津幡町の各地区に伝わる太鼓のルーツを辿っていくと、
笠池ケ原の『デンデコ太鼓』に辿り着いたそうです。
1948(昭和23)年に保存会が結成され、1963(昭和38)年には
町の無形文化財に指定された『デンデコ太鼓』には、ユニークな伝承が残っています。

1471(文明3)年、蓮如上人が布教のために津幡町の笠池ケ原を訪れた際、
村人に話をしようとしましたが、誰も話を聞こうとしませんでした。
そこで、上人が「出てこい、出てこい」と太鼓を打ち鳴らすと、
村人が出てきて話を聞き、上人の説く一向宗を信じるようになりました。
上人が村を去る日には、村人が別れを惜しんで、
上人の太鼓を真似て太鼓を打ち鳴らしたのが始まりとされています。
この「出てこい、出てこい」のリズムが、「デンデコ、デンデコ」の元になっているそうです。
その後、津幡町の各集落に広まっていった『デンデコ太鼓』が、
虫送り行事で叩かれるようになっていきました。

岩崎太鼓保存会による岩崎太鼓 寺尾・萩坂保育園のチビッ子たちがお遊戯を披露

東荒屋に次いで、岩崎太鼓保存会による岩崎太鼓も披露されました。
神社の祭事から生まれた『太神楽太鼓』や『デンデコ太鼓』に続き、
東荒屋保存会は『デンデコ返し』、岩崎保存会は『デンデコくずし』と、
どちらもバチさばきが見事な太鼓を披露してくれました。

獅子舞といい、太鼓といい、古くから地区に伝わる伝統芸能を絶やすことなく、
子や孫に引き継いていく、津幡町の魅力を再発見した祭りでした。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

秋の幸せ収穫祭 in 興津

先週土曜日、カボチャ『興味津々』で村おこしを頑張っている
津幡町興津で開かれた『秋の幸せ収穫祭』に行ってきました。
一足早いハロウィンパーティーを兼ねた収穫祭では、
県立看護大生たちが仮装し、パーティーを盛り上げてくれました。

興津カボチャで作ったお化けランタン 可愛い☆仮装姿の看護大生とお化けランタン

県森林公園「三国山キャンプ場」がある三国山の麓に位置する興津は、
山から流れる良質の水に恵まれ、200メートル近い標高による寒暖の差を利用し、
人気のブランド米『興津米』を始め、カボチャやソバを生産しています。
『興津米』に続く次の『興津カボチャ』を特産化にしたいと、
3年前に休耕田を活用し、カボチャの栽培を始めました。

ハロウィンパーティーを盛り上げてくれた看護大生たち 収穫祭のごちそうを堪能する興津区民

今年は県央農林の協力を得て、品種改良した新種を試験栽培し、
試食会を行ったところ、えびすなど他の在来種に比べて、
ホクホク感があり甘みが強いと大評判だった新種がダントツ1位を獲得し、
この新種を『興味津々』と命名したんだそうです。
来年からは本格栽培し、量産化を目指したいとしています。

メッタ汁をふるまう由田由紀江さん 五平餅を手に取る看護大生

秋の収穫祭といえば、最大の目玉は何といっても、地元で採れた食材を使ったごちそうの数々でした。
興津米を使った五平餅にほうば飯、肉とシメジ以外は興津で採れた野菜がふんだんに入ったメッタ汁、
お手製こんにゃくの田楽など、素朴で温かい田舎料理を堪能した一日でした。

とっても美味しかった五平餅 五平餅に特製タレを付ける女性陣

中でも、クルミ・ゴマ・ピーナッツをすり潰して練った特製タレを付けて焼いた「五平餅」が絶品でした☆
この特製タレは、興津のお母さんたちが前日から何時間もかけて奮闘した傑作です。

五平餅を焼く男性陣 焼き鳥を焼く男性陣

めずらしかったのは、きな粉をまぶしたご飯をほうばの葉で包んだ「ほうば飯」です。
昔は、農作業の合い間に田んぼでおやつとして食べられていたそうです。
興津カボチャで作ったカボチャあんを付けて食べましたが、これまた絶品でした☆
色も鮮やかな黄色いカボチャあんがとても美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいました(^_^;)

ほうばの葉で包んだほうば飯 色も鮮やかな黄色いカボチャあん

午前中は、チームに分かれて集落内を散策しながら、興津の自然に関するクイズに答えて競い合う
「興津を知ろう!ウォークラリー」が行われました。
優勝チームには、興津米と興津で採れた栗が贈られました。

さあ、お腹がいっぱいになったところで、午後は興津カボチャを使ったお化けランタン作りに挑戦です。
その前に、一番重いハロウィン用のジャンボかぼちゃを作った農家の人に賞品が贈られました。

一番重かったハロウィン用のジャンボかぼちゃ 表彰される農家のお母さん

ジャンボかぼちゃに思い思いの顔をマジックで描いた後、お尻の部分を切って中身を取り出します。
次に、描いたラインに沿って電動ドリルで所々穴を開け、
カッターで切り抜いた後、指で押すとその部分が簡単に取れます。
こんなふうに、顔のパーツを順にくり抜いていき、最後に水洗いをして、お化けランタンの完成です。

ジャンボかぼちゃに思い思いの顔をマジックで描く参加者たち ジャンボかぼちゃをカッターで切り抜いていく参加者たち

みんなで奮闘して作ったお化けランタンを会場前の道の両脇に並べた頃には、
既に夕方4時半過ぎになっていました。
辺りが暗くなるにつれて、点灯されたお化けランタンが暗闇に浮かび、
とっても素敵なハロウィンナイトを演出してくれました(^O^☆♪

ジャンボかぼちゃを電動ドリルで穴を開けていく参加者たち ハート型の目が可愛い☆お化けランタン

前日から会場設営をしてくれた男性陣、仕込みに大忙しだった女性陣、
そして、ハロウィンパーティを盛り上げるためにいろいろなプログラムを企画してくれた学生さんたち、
本当にお疲れ様でした(^O^*:)

どれもユニークで可愛い☆お化けランタンの行列 とっても素敵なハロウィンナイトを演出してくれたお化けランタンたち

全国各地の中山間地で過疎化が進む中、興津もその例外ではありません。
そんな中、集落の活性化を目指して、興津区民と県立看護大生たちが
「興津創造の会」を結成しましたが、残念ながら今年で解散となるそうです。
その間、今回の収穫体験を始め、農業体験や民泊体験など、看護大生との交流を通して、
住民自らも元気な村づくりに取り組んできた興津区民に拍手喝采を送ります。\(^o^)/
カボチャ『興味津々』の特産化を目指して、今後も頑張ってくださいね♪応援してます(^o^)

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

倶利伽羅 寺尾夏まつり

昨晩、倶利伽羅の寺尾夏まつりに行ってきました。
倶利伽羅と言えば、やはり義仲軍が勝利した源平合戦ですが、
源平の郷にちなんだ催し物がいっぱいでした。

焼きそばや焼き鳥が大人気の屋台 「よしなかくん」と「ともえちゃん」も祭りに参加

中でも、刈安小学校の児童や卒業生による「源氏太鼓」では、
一定のリズムで太鼓を打ち鳴らす姿が勇壮で素晴らしかったです。
伝統芸能「源氏太鼓」は、倶利伽羅源平合戦の大勝利を
祝って打ち鳴らした「勝利の太鼓」が始まりとされています。
後継者が少なくなる中、この「源氏太鼓」を継承しようと、
九折(つづらおり)源氏太鼓保存会が児童を指導しているそうです。

刈安小学校の児童や卒業生による「源氏太鼓」 刈安小学校の児童や卒業生による「源氏太鼓」 

次に、平家(赤旗)と源氏(白旗)に分かれて戦う伝統競技「源平騎馬戦」は、
他の騎馬戦には見られないユニークなものでした。
双方の歌合戦で始まり、各大将が口上を述べ合った後で、戦いが始まります。
今年は予定時間の遅れから1回戦のみでしたが、残念にも?赤旗の平家が勝ちました。

赤旗の平家と白旗の源氏 平家と源氏に分かれて戦う「源平騎馬戦」

倶利伽羅源平合戦では、津幡出身の勇敢な武士たち(都幡小三郎隆家と井家二郎範方)が
源氏軍に加勢したからか?ここ倶利伽羅地区は、源氏びいきの土地柄だそうです。
刈安公民館の吉田暁館長や坂戸の小谷さんの話では、以前は刈安小学校の運動会で
伝統種目として行われていた「源平騎馬戦」で、平家の大将のなり手がいなかったほど、
子どもたちの間でも「源氏は強くてかっこいい!」と人気があったようです。

会場全員で合唱した「倶利伽羅峠の歌」は、源平合戦を歌にしたもので、
同小学校運動会での「源平騎馬戦」で歌い継がれてきました。
ここ倶利伽羅峠で繰り広げられた歴史の1ページを物語る歌に、
ロマンを感じずにはいられませんでした。

夜空に輝く打ち上げ花火 寺尾夏祭りのゆるキャラ入りTシャツ

最後に、源平の郷にふさわしい寺尾夏まつりを開催する
倶利伽羅地区の人たちに、拍手喝采を送ります\(^o^)/

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 津幡町特産 獅子舞 カフェ 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。