FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

座学研修会 義仲講座④「倶利伽羅合戦後~入京まで」

第4回目を迎えた「義仲講座」は、つばたふるさと探偵団の山崎信子さんを講師に、
倶利伽羅源平合戦後の石川県での義仲軍の足跡を中心に、義仲入京までを勉強しました。

1183年5月11日の倶利伽羅源平合戦で大勝利を収めた義仲に、
志雄山の戦い(源行家×平通盛)で敗戦濃厚との知らせが入り、援軍を志雄山に向かわせます。

一説によると、義仲は倶利伽羅合戦後に、同古戦場からほど近い手向神社
太刀を奉納したと伝えられていますが、残念ながら、現在この刀は残っていません。
第2次世界大戦中の金属類回収令によって軍に没収されたか、
あるいは戦後の混乱期に盗難に遭い紛失したそうです。

一方、倶利伽羅山での平家軍の大敗を聞いた平通盛は志雄山から退却し、
倶利伽羅山から敗退してきた平維盛と宮腰(金沢市金石付近)で集結し、陣容の立て直しを図ります。

かつては宮腰にあった大野湊神社(金沢市寺中町)には、倶利伽羅源平合戦を描いた
大絵馬(幅14.33メートル)が残っており、日本一の大絵馬といわれています。

義仲たちは山伝いに津幡に入り、北中条にある三輪神社の山手、
「王城(おうじょう)」で休養のため、数日間滞在します。
その山間部には、義仲が喉を潤したとされる滝水が今も残っています。

5月25日、義仲軍は津幡から金沢の波自加弥(はじかみ)神社、観法寺、堅田と兵を進め、
平岳野(金沢駅西口・平岡野神社)付近に陣を敷き、しばらくの間、宮越に布陣した平家軍と対峙します。

金沢市堅田町の譽田別(ほんだわけ)神社の由緒には、
「木曽義仲 堅田・岩出・観法寺の嶺峰に営城ありし時に祀る云々」と記され、
本社の波自加弥神社とともに、義仲が創建したと伝えられています。

波自加弥神社のブログによると、宮司の始祖は醒井小藤太という義仲の家臣でしたが、
義仲の京上洛に供奉(ぐぶ)せず、命によりこの地に土着したんだそうです。
同神社には、倶利伽羅合戦前に義仲が奉納した三条小鍛冶宗近作「中脂矢根」の矢や、
合戦後に書記の覚明に書かせた「正八幡宮」の額が大切に保管されています。

その後、南下する平家軍を追って義仲軍が京に向かって進軍した道は、
木曾街道」と呼ばれ、起点は松任成町、終点は福井県細呂木町といわれています。
この時、義仲軍を先導した地元の武士「北国武士団」の一人、加賀の富樫氏が崇拝していた
松任金剣宮(かなつるぎぐう)を義仲が参拝したと伝えられています。
近くには、義仲が寄進した神鏡が残る夛伎奈弥(たきなみ)八幡神社があります。

木曾街道をさらに進んだ義仲軍は、笠間の郷に入ります。
笠間神社では、義仲が戦勝祈願のために兜を奉納し、
手取川が増水したため、減水祈願も行ったとされています。
そのかいあって、川が減水すると、同神社の祭神・大宮比咩神の誘導によって、
兵士たちは流されないように手を取り合って川を渡ったことから、「手取川」と呼ばれるようになったそうです。
また、同神社には、兵士たちの空腹を満たすため、矢で地面を掘ると、
清水が湧き出した「木曽義仲弓堀の井戸」も残っています。

こうして義仲軍に追われた平家軍は、安宅の関へと退却し、源平両軍は梯川河口で再び戦うことになります。
京を出発した際は10万を数えた維盛軍は6万まで減り、対して義仲軍は5万でした。
もはや維盛軍に敵を押し返す力は残っておらず、倶利伽羅合戦で義仲とともに戦った
樋口兼光や今井兼平、石黒光弘、富樫泰家らの奮闘で、維盛軍は後退し、加賀の篠原まで退きました。

ここで記しておきたいのが、安宅の関の北東にある根上の松」古戦場です。
倶利伽羅合戦を前に、燧ヶ城(福井県今庄)を攻め落とし、加賀へ侵攻した維盛軍を食い止めようと、
津幡出身の井家次郎範方が、わずか17騎でもって維盛軍と戦い、11度の戦闘をしかけた後、
根上の松まで追い詰められて、壮絶な討ち死にをしたとされています。

kurikaragassenbyobu.jpg
倶利伽羅合戦図屏風」左隻には、井家次郎範方が根上の松で討ち死にをした戦いの様子が描かれています。

続く篠原の合戦では、平家軍の武将たちが次々と捕らえられていく中、ただ一騎敵に向かって来る武者がいました。
赤地の錦の直垂(ひたたれ)に、もえぎおどしの鎧を着て、鍬の付いた兜をまとったその武将は、
手塚太郎光盛に討ち取られ、その首を義仲に差し出しました。
義仲は首を受け取ると、なんと!その顔に見覚えがありました。
首を傍らの小さな池で洗わせたところ、黒髪が白髪に変わりました。
僅か2歳で父を殺された義仲の命を助けようと、木曽に逃がしてくれた恩人、斉藤別当実盛の首でした。

実盛は源義朝に仕えていましたが、平清盛に討たれた(平治の乱)後は流れに逆らえず、
平宗盛に気に入られ平家の武将になっていました。
1183年の北陸出陣には、維盛軍に従っていた実盛は、
老いの身を侮られまいと、白髪を黒く染めて戦に望んだのでした。
義仲は、皮肉な再会となった実盛の首を抱えてさめざめと涙したといわれています。

義仲は樋口兼光を遣わし、実盛の兜と鎧の大袖などを願状とともに
多太神社(小松市上本折町)に奉納したと伝えられています。
現在、社宝(国重要文化財)として保存されているこの兜は、
実盛が源義朝から拝領されたものといわれています。

1689年、松尾芭蕉が『奥の細道』でこの地を訪れ、
「むざんやな 甲の下の きりぎりす」の一句を詠んでいます。

この実盛のエピソードで有名な篠原古戦場(加賀市)には、
実盛の首を洗ったという首洗池」を始め、実盛の亡骸を葬ったと伝えられている実盛塚」や、
実盛が髪を染める時に使った鏡を投げ入れた鏡の池」など、実盛の伝説にまつわる場所が残っています。


より大きな地図で 倶利伽羅源平合戦後の石川県での義仲軍の足跡 を見る

篠原の合戦でもあっけなく勝利した義仲軍は、一気に京へ向かい、
まず越前の国府(福井県武生)に入り、都入りの作戦会議を行います。
都に入る前に、山門(延暦寺)の大衆3千人に坂本(滋賀県大津市)辺りで妨害される場合を考え、
その方策で頭を悩ませていた義仲に、書記の覚明は牒状(ちょうじょう)を送ってはいかがかと提案しました。
義仲は覚明に、源氏に味方するよう依頼する牒状を書かせ、6月10日に「木曽山門牒状」を山門に送りました。

牒状を送った義仲は国府を出発し、近江に進軍し、蒲生野(がもうの)に陣を取り、返牒(へんちょう)を待ちます。
山門の大衆は僉議(せんぎ)の結果、義仲に味方することを決め、7月2日にその旨の返牒が義仲に届きました。

この義仲と山門とのやり取りを知らなかった平家は、義仲が返牒を受け取った3日後の7月5日に、
平宗盛他9名の連署にて山門に協力するよう願書を送りますが、一足違いで同意されませんでした。

都への入口、比叡山に義仲が入ったのは7月22日でした。
義仲が入京することを恐れた平家軍は、7月25日に6歳の安徳天皇を連れ、
総勢7千余騎で清盛が生前作った福原(摂津国・神戸市)へ逃げ出します。
その前日、平家の目を盗み延暦寺に身を寄せていた後白河法皇を守りながら、
7月28日、義仲軍は戦いをすることなく京に入りました。

次回の義仲講座は、義仲最期の戦いとなる「入京~粟津ヶ原」です。ぜひ、お楽しみに!
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

座学研修会 義仲講座③「倶利伽羅源平合戦」

先月開かれた座学研修会「義仲講座」は第3回目を迎え、つばたふるさと探偵団の
松下共子さんを講師に、待望の「倶利伽羅源平合戦」について勉強しました。

講師の松下共子さん 義仲講座に聴き入る会員たち

源氏対平家の一連の戦いの中で、平家の滅亡で終わる「壇ノ浦の戦い」(1185年4月)が最後の戦いならば、
倶利伽羅源平合戦(1183年5月)はそのきっかけとなった最初の大きな戦いといえます。

この運命的な決戦の2日前、1183年5月9日の越中般若野の合戦で戦況不利に陥り退却した平家軍は、
陣容を立て直し、能登越中国境の志雄山に平通盛・知度率いる3万、
倶利伽羅山に平維盛率いる7万の兵を向かわせ、二手に分かれて陣を敷きました。

一方、義仲は途中の越後、越中で兵を集め、その数5万の軍勢となります。
(一説には、源氏軍4千~5千、平家軍4万との説もあります。)
戦勝祈願を行った埴生護国八幡宮の付近に陣を敷き、綿密な軍儀を行い、
まず源行家率いる1万の兵を志雄山に向かわせます。
したがって、倶利伽羅山に向かった平家軍7万という大軍に対し、自分の兵は4万と
数では不利だと分かった義仲は、平地ではなく倶利伽羅山の山中を戦場にしたいと考えます。
源氏軍4万の兵を六手に分け、三方から山上の敵を包囲し、
南側の深い谷へ平家軍を追い落とす作戦を取ります。

5月11日昼、まず源氏の今井兼平隊が前に出て攻め込もうとする動きを見せると、
倶利伽羅山の猿ヶ馬場に陣を敷いていた平家軍も反撃に出る体制を整えます。
今井隊が矢立から矢を放つと、平家軍も幅300メートルほどの谷を隔てた
塔の橋から矢を射返し、両陣営間で矢合わせが始まりました。
矢合わせとは、大きな音の出る鏑矢(かぶらや)を互いに飛ばし合い、
開戦を合図し合う、当時の合戦では儀礼のようなものなんだそうです。
こうして日中は、敵を牽制しながら小競り合いに終始し、義仲は日暮れを待ちました。

倶利伽羅合戦の軍勢配置図
小矢部市観光パンフレット「義仲と巴 マップ パンフレット」より引用

辺りが暗くなると、義仲は後ろに構えていた全軍に今井隊の線まで前進させ、
義仲本隊も埴生八幡宮から前進し、倶利伽羅山を三方から包囲していきました。
さらに、近隣の農家から徴収した数百頭の牛の角に松明をくくり付けます。
一方、平家軍は明日の決戦に備え、行軍の疲れもあって深く寝入ってしまいます。

平家軍が寝静まった夜半すぎ、竹橋方面から樋口兼光隊が太鼓やほら貝を一斉に鳴らしながら
大きな声を上げて襲いかかると、これを合図に他の隊も同時に鬨の声を上げ突進しました。
義仲本隊も牛の角にくくり付けてあった松明に火を点け、
牛の尻をたたき平家軍めがけて牛を突進させ、その後に続いていきます。

不意をつかれた平家軍は慌てふためき、刀1つを数人で奪い合ったり、
馬には後ろ向きに乗ったりと戦いにならず、大混乱となります。
逃げ場を探しますが、西から搦め手(からめて)の樋口隊、
東から追い手の今井隊、巴御前隊、根井小弥太隊、余田次郎隊、
そして、北から角に燃えさかる松明をくくり付けられて荒れ狂った牛の大群に続く義仲本隊に攻め込まれ、
逃げ場を失った平家軍は南の深い谷底に次々と崩れ落ちていきました。

深い谷は上から落ちてきた人や馬が重なり圧死した死骸で埋め尽くされ、
谷川は血で赤く染まり、さながら地獄と化した光景だっといいます。
長年に渡って人骨や武具が散らばった谷はいつしか「地獄谷」と呼ばれ、
死骸から出た膿が流れ込んだ谷川は「膿川」と呼ばれようになりました。

壮絶な戦いが描かれた「倶利伽羅合戦図屏風」
津幡町竹橋の倶利伽羅神社蔵「倶利伽羅合戦図屏風」

この夜襲によって平家軍は1万8千の兵を失い、武将の平為盛は樋口兼光によって首をはねられ、
志雄山で戦っていた平知度は激しい戦いの末、津幡町平谷にて自害しました。
総大将の平維盛は命からがら南に逃げ、志雄山から退却した平通盛と宮越(金石)で集結し、
陣容の立て直しを図ります。

大勝利を収めた義仲は、この戦いで愛妾の一人、葵御前を失い、
倶利伽羅峠の麓の蓮沼という草深い山中にその亡骸を葬った後、
敗走する平家軍を追撃するため京へ向かいました。

数の上では圧倒的に不利だった義仲軍が勝利した理由としてまず挙げられるのは、
戦場となった倶利伽羅の地形を良く知っていた地元の武将たちを味方につけたことです。
2千騎率いる根井隊には蟹谷次郎(かんだのじろう)、1千騎率いる巴隊には水巻四郎・小太郎の兄弟が道案内し、
最前線の源氏ヶ峰へ向かったとされています。

義仲の作戦が上手だったことも、大きな勝因です。
都育ちの平家軍と違って、木曽の険しい山中で日頃から乗馬や馬上から弓を射る
訓練に励んでいた義仲たちは、平地ではなく山中で戦う作戦を取ったことです。
そして、日中ではなく夜中に襲撃し、さらに、奇襲戦法「火牛の計」にかけては天才的といえます。

「火牛の計」モニュメントが立つ倶利伽羅古戦場

『源平盛衰記』には、義仲を勝利に導いたエピソードとして、30騎の白装束の人影が現れ、
火牛に追い立てられた平家軍を深い谷底へと誘導したとも記されています。
義仲が戦勝祈願をした、埴生護国八幡宮の八幡大菩薩の化身だったのかもしれませんね。

『源平盛衰記』や『平家物語』などに基づいたこれらの史実には、
脚色や誇張が付き物であるとよく言われますが、例えば、
火牛の計」は中国の春秋戦国時代の「田単の火牛の計」を参考にしたフィクションであるとの見方もあります。
しかしながら、津幡町河合谷の上河合地区には、倶利伽羅合戦に徴用された
牛の供養が起源とされる『牛舞坊』の舞いが今日まで伝わっています。

義仲が取った夜襲や平家軍の背後から奇襲する戦法は、
当時の戦いとしては卑怯な手法とよく非難されますが、
生きるか死ぬかの戦いで勝てば良いと考えれば、それもあり!?
義仲が見事に圧勝した戦いだったからこそ、800年あまり経った今日まで
倶利伽羅合戦が語り継がれてきた所以ではないでしょうか?
津幡町倶利伽羅地区には、倶利伽羅合戦を物語る「倶利伽羅峠の歌」が今も歌い継がれています。

次回の義仲講座は「倶利伽羅合戦後~入京まで」です。ぜひ、お楽しみに!

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

座学研修会 義仲講座②「旗揚げ~埴生護国八幡宮」

先日の座学研修会は、前回に引き続き「義仲講座」が開かれました。
つばたふるさと探偵団の出見世裕子さんを講師に、
「旗揚げ~埴生護国八幡宮」について勉強しました。

講師の出見世裕子さん 義仲講座に聴き入る会員たち

源平の戦いの明暗を分けた倶利伽羅合戦の3年前、1180年に
義仲は木曽日義村宮の原(木曽福島の説有り)で旗揚げしました。
その背景には、平家の横暴に対して、後白河法皇の
皇子・以仁王(もちひとおう)が平家追討の命を下したからです。
1000余騎を従え、平家打倒の旗揚げをした時、義仲27歳でした。

木曽町日義の「義仲館」の近くには、義仲が旗揚げの際に、
八幡宮を祭ったと伝えられている「旗挙八幡宮」があります。

その後、木曽から東信濃に北上した義仲は、同調する東信濃勢と合流し、
上田市丸子の依田城(よだじょう)で挙兵しました。
義仲を支援する依田氏が、その拠点となる城を譲ったとされています。

次いで、史料上で義仲の初戦と伝えられる市原合戦で、
平家方の笠原氏に勝利し、翌年(1181年)の横田河原の合戦へと続きます。

市原合戦で義仲に敗れた平氏は、越後の豪族・城氏を信濃に送り込みます。
6万騎もの大軍に対して、義仲軍はわずか3千騎でした。
数では圧倒的に劣勢だった義仲軍は、7手に分かれ、
平家軍を装って赤旗を掲げ、千曲川を渡ります。
平家軍に近づいた途端、赤旗を斬り捨て、源氏の白旗を掲げます。
こうして、奇襲攻撃で敵を撹乱し、大勝利を収めました。

源頼朝は奇襲攻撃が得意といわれていますが、
義仲もこの赤旗偽装作戦やかの有名な「火牛の計」作戦で、
次々と勝利を収めていったんですね。

横田河原の合戦の大勝により、信濃と越後はもちろん、
越中、能登、加賀、越前の豪族たちは次々と義仲勢に加わり、
北陸も義仲支配下に置かれました。

1183年、勢力を拡大してきた義仲に、源頼朝が不審を抱き、
義仲を討とうと信濃に攻めてきました。
義仲は父を頼朝の兄義平に殺されていますが、頼朝としては、
父殺しの恨みをもつ義仲の復讐を恐れていたと思われます。

そこで、義仲が11歳の嫡男・源義高(清水冠者)を
いずれ頼朝の長女大姫の婿にする条件で、
人質として差し出すことで、頼朝はようやく納得しました。
幼いながらも義高と大姫は、仲睦まじく幸せな日々を送ります。

しかし、翌年(1184年)近江国粟津で父の義仲が、
頼朝の弟・義経に討たれた後の義高には、悲惨な運命が待っていました。
今度は義高の復讐を恐れた頼朝は、義高を殺すことを計画します。
それに気づいた大姫の手引きで、義高は鎌倉を脱出しましたが、
すぐに発覚、武蔵国(埼玉県)入間(いるま)川原で殺されました。
最愛の義高を失った大姫の嘆きは深く、若くして亡くなくなったといわれています。
二人の幼くもはかない悲恋物語は、後年『清水冠者物語』で語られています。

1183年4月、平維盛を大将とする討伐軍が北陸へ向かい、
義仲にとって越前の防衛線だった燧ヶ城(火打が城)を攻め落としました。
勝った平家軍は加賀へ侵攻、越中になだれ込み、般若野合戦へと続きます。

『源平盛衰記』には、源氏方の井家次郎範方一党17騎が平維盛軍と戦い、
11度の戦闘をしかけた後、根上の松まで追い詰められて
壮絶な討ち死にをしたと記されています。

井家二郎範方が根上の松で討ち死にした戦いの様子が描かれた「倶利伽羅合戦図屏風」
津幡町竹橋の倶利伽羅神社蔵「倶利伽羅合戦図屏風」

越後の国府にいた義仲は、平家軍が越前・加賀を手中に収め、
越中に進軍するとの知らせを受け、自ら軍を率いて越中へ乗り込みます。
まず、義仲の四天王の一人今井兼平軍6千騎が、
呉羽山のふもと般若野で、平家軍先遣隊の平盛俊軍5千騎を破ります。
倶利伽羅合戦の前哨戦ともいえる般若野合戦は、決戦2日前の5月9日でした。

その頃、義仲は来たるべき平家軍との決戦を前に、
砺波山の北に位置する埴生に陣を取っていました。
その際、埴生護国八幡宮で義仲が戦勝祈願をしたとされています。

埴生護国八幡宮社殿に続く103段(かつては108段)の石段 国指定重要文化財の埴生護国八幡宮社殿

八幡といえば源氏の守護神ですが、義仲が願文と矢を奉納すると、
八幡神の使いである白いハト3羽が飛来し、義仲は勝利を確信したと伝えられています。

1300年余りの歴史を誇る埴生護国八幡宮は、それ以降、「勝ち運の神」として
戦国時代には佐々成政が、藩政期には加賀藩前田家が厚い信仰を寄せました。

次回の義仲講座は、待望のクライマックス「倶利伽羅源平合戦」です。
ぜひ、お楽しみに!

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

座学研修会 義仲講座①「誕生~青年時代」

昨日の座学研修会は、今津幡町で一番ホットなテーマ「義仲講座」です。
つばたふるさと探偵団の江口紋子さんを講師に、
今回は「義仲の誕生~青年時代」について勉強しました。

講師の江口紋子さん 義仲講座に聴き入る会員たち

1154年に武蔵国(埼玉県)で生まれた義仲は、2歳の時に
父・義賢を叔父・義朝の長男・悪源太義平に殺されます。
悪源太義平は源頼朝の兄に当たり、後に義仲は頼朝の弟・義経に殺されますが、
まさに因縁ともいうべき、親族間の権力争いに翻弄された人生だったといえます。

義仲の母・小枝(さえ)御前は秩父の豪族の娘だといわれていますが、
遊女説が有力なようです。非常に美人だったそうです。

母・小枝御前は幼い義仲を抱えて、信濃国(長野県)の木曽に逃れます。
その際、敵方の斉藤実盛が助けたといわれていますが、
この実盛と義仲は、後に皮肉な運命を辿ることになります。

義仲は2年後に生まれる巴御前の父・中原兼遠の許で育てられ、
兼遠の息子・兼平や兼光、そして巴と共に幼少期を過ごします。
早くから義仲のすばらしい天性を見抜いていた兼遠に、
文武両道を鍛えられ、義仲はたくましく成長していきます。
 
13歳で京都の石清水八幡宮で元服(成人式)の儀式を行い、
後白河天皇の二男・以仁王(もちひとおう)の命を受け、
平家追討の旗揚げをしたのは、義仲26歳の1180年でした。

この間10数年の空白については、資料がほとんど残っていないのですが、
おそらく木曽の山中で武芸に励んでいたと思われます。
そして、青春期といえば、やはり気になるのが女性関係ですが、
義仲には巴、山吹、葵の3人の愛する女性がいたといわれています。

つばたふるさと探偵団の越野昭会長によると、
当時の結婚は、男と女は別々の家に住み、男が女の家に通い、
女が子どもを育てるといった慣習があったそうです。
男は妻宅以外に、妾宅にも自由に通うことができたんですね。

巴、山吹、葵の3人は女武者として義仲と共に戦い、
なかでも、倶利伽羅源平合戦で活躍したは有名です。
本当に男冥利に尽きる男だったんですね!義仲は(^o^)

では、次回の義仲講座は「旗揚げ~埴生護国八幡宮」です。
ぜひ、お楽しみに!

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 津幡町特産 獅子舞 カフェ 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。