FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倶利伽羅 竹橋宿の獅子舞

先日、倶利迦羅不動寺の「厄除け念仏赤餅つき」を見に行った帰りに、
津幡町竹橋(たけのはし)で偶然、集落を回る獅子舞に出くわしました。
その日は同地区の倶利伽羅神社の春祭りで、各家の前には趣ある絵柄の提灯が飾られていました。

江戸時代から伝わる竹橋獅子舞の柳川流の棒振り 風情ある街並みが残る竹橋宿

かつて加賀藩の参勤交代の宿場町として栄えた竹橋には、集落の真ん中を
倶利伽羅峠に向かう一本の長い旧街道が走り、当時の風情ある街並みが今も残っています。

獅子舞に付き添う竹橋獅子舞保存会の中川敏哲さんによると、同神社の春季祭礼は本来なら4月13日ですが、
他の地区同様、住民が休みを取れる4月29日に開催するようになったそうです。
加賀獅子の流れを汲む同獅子舞では、江戸時代から伝わる柳川流の棒振りの流技を忠実に守り、
今日まで伝えていると、誇らしげに語ってくれた中川さんが印象的でした(^o^)

チビッ子大活躍の竹橋獅子舞 天狗面の「猿田彦」が道案内する竹橋の神輿

「倶利伽羅合戦図屏風」でその名が知られる倶利伽羅神社には、
その日の午前中に集落を回った神輿が飾られていました。
残念ながら、津幡ではめずらしい神輿の行列は見れなかったのですが、
行列では天狗の面を被った「猿田彦(さるたひこ)」が道案内するんだそうです。

「つばたふるさと探偵団」会長の越野昭さんの説明では、日本神話に登場する神「猿田彦」は、道祖神ともいわれ、
その容姿が背が高くて鼻が高い天狗に似ていることから、「天狗さん」の愛称で親しまれているそうです。

「倶利伽羅合戦図屏風」で知られる倶利伽羅神社 上から見た倶利伽羅神社の石段

普段はひっそりと静まりかえった同神社で、この後、
越野さんたち地区民が参列して春季祭礼が厳かに執り行われました。

厳かに執り行われる倶利伽羅神社の春季祭礼 倶利伽羅神社所蔵「倶利伽羅合戦図屏風」

源平の興亡の明暗を分けた最初の大きな戦いともいえる「倶利伽羅源平合戦」、
その5月11日(1183年)が今年もやって来ますが、
その壮絶な戦いが描かれた「倶利伽羅合戦図屏風」のレプリカが、
同神社からほど近い道の駅「倶利伽羅源平の郷」竹橋口に展示されています。
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

厄除け念仏赤餅つき in 倶利迦羅不動寺

連休前半の4月28日・29日に、倶利伽羅峠の春を告げる恒例イベント
「厄除け念仏赤餅つき」が倶利迦羅不動寺で開催されました。
その日は初夏を感じさせる陽気も手伝ってか、不動寺に続く道は車の列!頂上の駐車場はどこも満杯!
普段は静かな不動寺境内も、大勢の参拝者で埋め尽くされていました。

念仏が唱えられる中、赤餅をつく白装束姿の有志たち

念仏赤餅つきのいわれは、その昔、倶利伽羅峠で旅人に悪さをする猿たちに困っていたところ、
和尚さんがお不動様からのお告げで、赤く染めた餅を猿たちに与え食べさせると、
猿たちは二度と悪さをしなくなったそうです。
以来、このお餅はお不動様の霊験あらたかな「厄除けのお餅」とされ、今日に受け継がれています。

参拝者で埋め尽くされた不動寺境内 参拝者も参加して念仏赤餅つき

境内では「懺悔、懺悔、六根清浄(ざんげ、ざんげ、ろっこんしょうじょう)」と五十嵐光峯住職たちが唱える中、
白装束の人たちが4つの臼で「念仏赤餅」をついていきます。
この「六根」とは、人間の五感と心の根幹を指し、犯した罪を悔い改め、
汚れを払って清らかになるために唱えるんだそうです。
ちなみに、赤餅をつく白装束姿の有志たちは、毎年公募で参加しているそうです。

手早く丸め笹の葉で包んでいく赤餅 参拝者といっしょに念仏赤餅をいただく五十嵐住職

つき上がった赤餅は、同不動寺の信徒でつくる「倶利迦羅不動寺索(なわ)の会」の
会員たちの手でちぎって丸められ、笹の葉で包んでいきます。
3回目の餅つきが終わったところで、五十嵐住職のお加持をいただいた後、ようやく(^o^)参拝者に配られました。
いただいたお餅をその場で頬張りながら、一年の厄を払ってきました。

五十嵐住職を交えて白装束の有志たちが記念撮影 手向神社の貴重な「石堂神殿」

餅つきが終わった後も、境内売店で「念佛赤餅」を買い求める人や、
食堂では名物「倶利迦羅そば」を味わう人で大盛況でした。
普段は扉が閉められた同境内の手向神社も、この日は開放され、
津幡町指定文化財の貴重な「石堂神殿」を見ることができました。

「念仏赤餅」を買い求める人で大賑わいの境内売店 名物「倶利迦羅そば」を味わう人で大盛況の境内食堂

帰りは不動寺から倶利伽羅峠を下り、山森集落に入ると、道路沿いの見事な八重桜に思わず車を止めていました。
その桜並木の側に建つ古民家の本多さんがたまたまおられ、
春の陽だまりの中、おしゃべりをしながら満開の桜を楽しみました。

見事な満開を見せる八重桜

1年の半分は雪に埋もれる倶利伽羅峠の冬もようやく終わり、春本番を迎えたその日、
家の周りを覆っていた雪囲いのトタン板を外しにやって来たそうです。
冬はすぐにやって来るので、雪囲いの骨組みは外さないで年中設置しておくそうです。
今では峠の麓に住む本多さん、こうしてたまにやって来て、窓や戸を開け放ち、
家の中の空気を入れ換えて古い家屋を管理しているんですね。

かつては茅葺き屋根の茶屋だった本多さん宅

かつては加賀藩の参勤交代の主要道だった倶利伽羅峠には、
街道沿いに何軒もの茶屋が軒を並べ、往来する旅人で賑わう峠でした。
本多さんの家も、以前は茅葺き屋根の茶屋だったそうです。
明治に入ると、倶利伽羅峠の北に位置する天田峠に新道が敷かれ、
車社会になる前にこの峠道は旧道となったおかげで、今も当時の風情を色濃く残しています。

そこへ小さなお子さんを連れた若いご夫婦が峠から下って来られ、
「天田峠に行くには?」と聞かれ、びっくりしました。
天田峠側の山頂駐車場に車を止めた彼らは、道を間違えて倶利伽羅峠を下って来たのでした。
小さなお子さんを抱えたお母さんと、ベビーカーを引っ張るお父さんの疲れ切った顔を見た本多さんは、
またこの峠を上っていくのは大変だと、自分の車で彼らを駐車場まで送っていきました。

倶利伽羅峠の満開の八重桜とともに、そこに住む人の心の優しさ(^o^)に触れた日でした。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

今年の「加賀VS越中おもしろ源平大綱合戦」は津幡の勝利!!

一昨日はあいにくの曇り空でしたが、時折太陽が顔を見せる中、
倶利伽羅古戦場跡で「加賀VS越中おもしろ源平大綱合戦」が開催されました。

決戦前の両軍(左から)巴御前、木曽義仲、平維盛、平家軍の女武者

1183年5月11日の倶利伽羅源平合戦にちなんだこの大綱合戦では、
越中から攻め込んだ源氏・木曽義仲軍の小矢部市と、
加賀から攻め込んだ平家・平維盛軍の津幡町で戦われます。
普段は大河ドラマ「義仲と巴」誘致を目指してともに戦う仲間ですが、
この日ばかりは敵と味方に分かれ、全長120メートルの大綱を引き合います。

「今年は勝つぞ!」津幡町の平維盛軍 「今年も勝つぞ!」小矢部市の木曽義仲軍

これまでの通算成績は津幡が3勝4敗、今年は何が何でも勝ちたい!!
決戦前のセレモニーでは、その熱い意気込みが伝わってきました。
「今年は津幡のためにどうか負けてください」と矢田町長がお願いすると、
会場からは爆笑と拍手が巻き起こりました。

全長120メートル、直径約12センチの大綱 決戦直前の両陣営

津幡が赤、小矢部が白のハチマキを締めた各陣営100名が、試合時間15秒間の3本勝負に挑みます。
1本目は力強いふんばりで津幡が勝ち、2本目は小矢部が巻き返して勝ち、
最後の大勝負は圧倒的な力で大綱を引っ張った津幡の勝ちでした。

津幡・矢田町長も奮闘! 小矢部・桜井市長も奮闘!

今年は源平合戦の歴史を変えた!?津幡の平維盛軍のみなさん、本当にお疲れさまでした(^O^*:)
一方、津幡の「負けてー負けてー」の心理作戦に負けてくれた!?
小矢部の義仲軍のみなさん、本当にありがとうございました(^o^)
これで通算4勝4敗の大綱合戦、来年はどちらが勝つか、楽しみですね♪

力強いふんばりを見せる津幡の平維盛軍 圧倒的に大綱を引っ張った津幡の勝ち!

当日「倶利伽羅峠の歌」が流れる会場では、津幡町ゆるキャラ「火牛のカーくん」と
茶目っ気たっぷりの小矢部市ゆるキャラ「メルギューくん」も登場し、
記念撮影するチビッ子たちに囲まれ大人気でした。

チビッ子たちに大人気のゆるキャラ「火牛のカーくん」と「メルギューくん」 「おもしろ人物クイズ」に挑戦するチビッ子たち

小学生以下のチビッ子たちが参加した「おもしろ人物クイズ」では、
源平ゆかりの伝統芸能で活躍する地元人が登場し、
小矢部からは越中源氏太鼓保存会による和太鼓、津幡からは白鳥吟詠会による詩吟が披露されました。

倶利伽羅地区にも残る「源氏太鼓」は、倶利伽羅合戦で活躍した小矢部の武将、
蟹谷次郎たち義仲軍が戦勝を祝った酒宴で打ち鳴らした太鼓が始まりとされています。
越中源氏太鼓保存会では、小矢部市が毎年7月に開催する「源平火牛まつり」などで、
源氏太鼓を演奏しています。

越中源氏太鼓保存会による桶太鼓と篠笛の演奏 「ああ、倶利伽羅古戦場」を熱唱する白鳥吟詠会の中島初子さん

白鳥吟詠会の中島初子さんは、歌謡曲を盛り込んだ「ああ、倶利伽羅古戦場」を熱唱しました。
腹筋と背筋を使って歌う、その力強い美声にうっとりさせられました。
同会では、毎年「源平倶利伽羅を詠う全国吟詠大会」を開催しており、
昨年からは義仲ゆかりの地、木曽からもご参加いただいているそうです。
ちなみに、今年は6月2日(日)に開催予定だそうです。

大綱引き合戦後は、加賀と越中の2コースに分かれ、
新緑まぶしい歴史国道「旧北陸道」を散策!?のはずでしたが、
途中、雨やあられに見舞われ、傘や雨ガッパを着ての道中でした。

平維盛率いる行列が猿ヶ馬場を出発 名所「倶利伽羅小道」を散策

平維盛率いる行列は「倶利伽羅源平の郷」竹橋口を目指して猿ヶ馬場を出発し、
倶利伽羅公園倶利迦羅不動寺と続く倶利伽羅峠を下っていきます。
山森集落から旧街道に入り、馬洗い場跡を通り過ぎた一行は、
雨の中、めげずに龍ヶ峰城址公園まで歩きました。

ほぼ満開の山森集落の八重桜 雨にも負けず龍ヶ峰城址公園を目指す

同公園駐車場「道番人屋敷跡」でお茶とお団子で一息ついた後、残り後半の道のりを進んでいきました。
車では通れない旧街道の一騎討ち跡前坂権現を過ぎた頃、ようやく雨も上がり、竹橋に到着しました。
参加者のみなさん、雨の中、本当にお疲れさまでした。

道番人屋敷跡でお茶とお団子でホッと一息 最後の難所「前坂権現」はすぐそこ

1996(平成8)年から始まったこの「加賀vs越中おもしろ源平大綱合戦」は、
倶利伽羅さん八重桜まつり」とともに、倶利伽羅峠の春を告げる風物詩となっています。
この日は残念ながら、山頂の八重桜はまだ七分咲きでしたが、連休後半には
倶利伽羅公園一帯の八重桜が満開を迎え、お花見には最高ですよ♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

倶利伽羅峠の春を告げる八重桜

今週末から始まるゴールデンウィークは、6,000本の八重桜が咲き誇る倶利伽羅峠に出かけませんか?

1183年5月11日の倶利伽羅源平合戦にちなんで、4月27日(土)には
倶利伽羅古戦場跡で「加賀VS越中おもしろ源平大綱合戦」が開催されます。
昨年は津幡の平維盛軍が小矢部の木曽義仲軍に惜しくも敗れ、
これまでの通算成績は3勝4敗だそうですが、今年はどちらが勝利するか、楽しみですね♪

4月27日(土)加賀VS越中おもしろ源平大綱合戦

次いで、4月28日(日)~5月5日(日)まで「倶利迦羅さん八重桜まつり」が開催され、
ちょうどその時期、倶利伽羅公園一帯の八重桜が満開を迎えます。
期間中の夜間(18時〜22時)は、満開の八重桜がライトアップされますよ♪

4月28日(日)~5月5日(日)倶利迦羅さん八重桜まつり

また、4月28日・29日の両日(午前11時~12時)には、倶利迦羅不動寺
厄除けの念仏赤餅つきが行われ、参拝者に無料で振る舞われるそうです。

4月28日・29日(午前11時~12時)厄除けの念仏赤餅つき

今年の連休は、倶利伽羅峠の春を告げる八重桜を堪能してくださいね♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

ギャラリー茶房『甚や倶楽部』

先日、おまん小豆の茶屋『笑み』オーナーの寺西さんと、
津幡町竹橋のギャラリー茶房『甚や倶楽部』に行ってきました。

津幡町竹橋のギャラリー茶房『甚や倶楽部』 個性的な陶器やガラス食器が展示された玄関間ギャラリー

和とモダンが見事に調和した空間の店内、評判以上のステキなお店でした。
玄関に入ると、まず目に止まったのが、個性的な陶器やガラス食器の数々です。
全国各地の作家の作品が並べられ、どれも和モダンでオシャレなものばかりです。

和モダンでオシャレな店内のカフェ アンティークな急須が飾られた和タンス

店内全ての部屋は紅壁で統一され、アンティークな急須が飾られた和タンスや
大きな壺たちが粋な空間を演出しています。
トイレまでレトロでオシャレな空間!大きなガラスの金魚鉢が飾られ、トイレに行くのが楽しくなりそう(^o^)
昔懐かしい階段を上った2階は、和装小物や洋服などが展示されたギャラリーでした。

粋な空間を演出する大きな壺 和装小物や洋服などが展示された2階ギャラリー

その日は『奏の会』民謡発表会で貸切だったため、店内の見学だけで帰りましたが、
次回は『甚や』自慢の「気まぐれカレー」をぜひ食べてみたいですね♪

レトロでオシャレな空間のトイレ 大きなガラスの金魚鉢が飾られたトイレ

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 カフェ 津幡町特産 獅子舞 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。