スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くりからござっさい祭り

先週の日曜日、くりからござっさい祭りに行ってきました。
あいにくの雨でしたが(^_^;)新鮮な農産物や地元特産品を求める人たちで賑わっていました。
無料で振る舞われたマコモ汁とつきたてのお餅には、長い行列ができていました(^o^)

新鮮な地元農産物 つきたてのお餅が大人気

おまん小豆の会が発案した『源平おにぎり』の売れ行きも好調でした。
町特産のおまん小豆とマコモを使って、倶利伽羅源平合戦にちなんで
名付けられた『源平おにぎり』は、源平の旗の色をイメージしたんだそうです。
ちなみに、おまん小豆入りおにぎりが平家の赤旗、マコモ入りおにぎりが源氏の白旗です。

おまん小豆の会の寺西さんたち 源平の旗の色をイメージした『源平おにおぎり』

会場広場のステージでは、東荒屋虫送り太鼓保存会による太鼓が披露されました。
この耳慣れない『虫送り太鼓』について、同保存会の山本正則さんに話を聞いたところ、
かつて農薬がなかった時代に、夏になると、大きな松明(たいまつ)をたいて、
稲の害虫を追い込む『虫送り』の行事が行われ、その際に太鼓を打ち鳴らしたそうです。
しかし、農薬の普及などで50年ほど前から、津幡町の各地区で行われていた虫送りは、
次第に行われなくなっていきました。
そんな中、東荒屋地区では『虫送り太鼓』を復活させようと、保存会を立ち上げ、
同校下の子どもたちに『虫送り太鼓』を伝授し、次の担い手を育成しています。
その成果が当日、東荒屋子ども会による太鼓で披露され、会場からは大きな拍手が送られました。

東荒屋虫送り太鼓保存会による太鼓 東荒屋子ども会による太鼓

山本さんによると、津幡町の各地区に伝わる太鼓のルーツを辿っていくと、
笠池ケ原の『デンデコ太鼓』に辿り着いたそうです。
1948(昭和23)年に保存会が結成され、1963(昭和38)年には
町の無形文化財に指定された『デンデコ太鼓』には、ユニークな伝承が残っています。

1471(文明3)年、蓮如上人が布教のために津幡町の笠池ケ原を訪れた際、
村人に話をしようとしましたが、誰も話を聞こうとしませんでした。
そこで、上人が「出てこい、出てこい」と太鼓を打ち鳴らすと、
村人が出てきて話を聞き、上人の説く一向宗を信じるようになりました。
上人が村を去る日には、村人が別れを惜しんで、
上人の太鼓を真似て太鼓を打ち鳴らしたのが始まりとされています。
この「出てこい、出てこい」のリズムが、「デンデコ、デンデコ」の元になっているそうです。
その後、津幡町の各集落に広まっていった『デンデコ太鼓』が、
虫送り行事で叩かれるようになっていきました。

岩崎太鼓保存会による岩崎太鼓 寺尾・萩坂保育園のチビッ子たちがお遊戯を披露

東荒屋に次いで、岩崎太鼓保存会による岩崎太鼓も披露されました。
神社の祭事から生まれた『太神楽太鼓』や『デンデコ太鼓』に続き、
東荒屋保存会は『デンデコ返し』、岩崎保存会は『デンデコくずし』と、
どちらもバチさばきが見事な太鼓を披露してくれました。

獅子舞といい、太鼓といい、古くから地区に伝わる伝統芸能を絶やすことなく、
子や孫に引き継いていく、津幡町の魅力を再発見した祭りでした。
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

秋の幸せ収穫祭 in 興津

先週土曜日、カボチャ『興味津々』で村おこしを頑張っている
津幡町興津で開かれた『秋の幸せ収穫祭』に行ってきました。
一足早いハロウィンパーティーを兼ねた収穫祭では、
県立看護大生たちが仮装し、パーティーを盛り上げてくれました。

興津カボチャで作ったお化けランタン 可愛い☆仮装姿の看護大生とお化けランタン

県森林公園「三国山キャンプ場」がある三国山の麓に位置する興津は、
山から流れる良質の水に恵まれ、200メートル近い標高による寒暖の差を利用し、
人気のブランド米『興津米』を始め、カボチャやソバを生産しています。
『興津米』に続く次の『興津カボチャ』を特産化にしたいと、
3年前に休耕田を活用し、カボチャの栽培を始めました。

ハロウィンパーティーを盛り上げてくれた看護大生たち 収穫祭のごちそうを堪能する興津区民

今年は県央農林の協力を得て、品種改良した新種を試験栽培し、
試食会を行ったところ、えびすなど他の在来種に比べて、
ホクホク感があり甘みが強いと大評判だった新種がダントツ1位を獲得し、
この新種を『興味津々』と命名したんだそうです。
来年からは本格栽培し、量産化を目指したいとしています。

メッタ汁をふるまう由田由紀江さん 五平餅を手に取る看護大生

秋の収穫祭といえば、最大の目玉は何といっても、地元で採れた食材を使ったごちそうの数々でした。
興津米を使った五平餅にほうば飯、肉とシメジ以外は興津で採れた野菜がふんだんに入ったメッタ汁、
お手製こんにゃくの田楽など、素朴で温かい田舎料理を堪能した一日でした。

とっても美味しかった五平餅 五平餅に特製タレを付ける女性陣

中でも、クルミ・ゴマ・ピーナッツをすり潰して練った特製タレを付けて焼いた「五平餅」が絶品でした☆
この特製タレは、興津のお母さんたちが前日から何時間もかけて奮闘した傑作です。

五平餅を焼く男性陣 焼き鳥を焼く男性陣

めずらしかったのは、きな粉をまぶしたご飯をほうばの葉で包んだ「ほうば飯」です。
昔は、農作業の合い間に田んぼでおやつとして食べられていたそうです。
興津カボチャで作ったカボチャあんを付けて食べましたが、これまた絶品でした☆
色も鮮やかな黄色いカボチャあんがとても美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいました(^_^;)

ほうばの葉で包んだほうば飯 色も鮮やかな黄色いカボチャあん

午前中は、チームに分かれて集落内を散策しながら、興津の自然に関するクイズに答えて競い合う
「興津を知ろう!ウォークラリー」が行われました。
優勝チームには、興津米と興津で採れた栗が贈られました。

さあ、お腹がいっぱいになったところで、午後は興津カボチャを使ったお化けランタン作りに挑戦です。
その前に、一番重いハロウィン用のジャンボかぼちゃを作った農家の人に賞品が贈られました。

一番重かったハロウィン用のジャンボかぼちゃ 表彰される農家のお母さん

ジャンボかぼちゃに思い思いの顔をマジックで描いた後、お尻の部分を切って中身を取り出します。
次に、描いたラインに沿って電動ドリルで所々穴を開け、
カッターで切り抜いた後、指で押すとその部分が簡単に取れます。
こんなふうに、顔のパーツを順にくり抜いていき、最後に水洗いをして、お化けランタンの完成です。

ジャンボかぼちゃに思い思いの顔をマジックで描く参加者たち ジャンボかぼちゃをカッターで切り抜いていく参加者たち

みんなで奮闘して作ったお化けランタンを会場前の道の両脇に並べた頃には、
既に夕方4時半過ぎになっていました。
辺りが暗くなるにつれて、点灯されたお化けランタンが暗闇に浮かび、
とっても素敵なハロウィンナイトを演出してくれました(^O^☆♪

ジャンボかぼちゃを電動ドリルで穴を開けていく参加者たち ハート型の目が可愛い☆お化けランタン

前日から会場設営をしてくれた男性陣、仕込みに大忙しだった女性陣、
そして、ハロウィンパーティを盛り上げるためにいろいろなプログラムを企画してくれた学生さんたち、
本当にお疲れ様でした(^O^*:)

どれもユニークで可愛い☆お化けランタンの行列 とっても素敵なハロウィンナイトを演出してくれたお化けランタンたち

全国各地の中山間地で過疎化が進む中、興津もその例外ではありません。
そんな中、集落の活性化を目指して、興津区民と県立看護大生たちが
「興津創造の会」を結成しましたが、残念ながら今年で解散となるそうです。
その間、今回の収穫体験を始め、農業体験や民泊体験など、看護大生との交流を通して、
住民自らも元気な村づくりに取り組んできた興津区民に拍手喝采を送ります。\(^o^)/
カボチャ『興味津々』の特産化を目指して、今後も頑張ってくださいね♪応援してます(^o^)

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

10月21日(日)テレ金「石川まるごと探検隊」でおまん小豆が紹介されます!

先日、津幡町北横根の「おまん小豆の里」に行ってきました。
テレビ金沢「石川まるごと探検隊」の番組取材があり、「おまん小豆の会」の寺西國子さんに同行しました。

「おまん小豆の里」のモニュメントが建つ津幡町北横根 乾燥させた黒と赤のおまん小豆

最初に、同会会長の中多弘さんの案内で、おまん小豆の収穫風景が撮影されました。
7月に種を蒔き、9月に入ると小さな黄色の花を咲かせ、10月には収穫の時期を迎えます。
黒く熟した房を摘み取り、その中の実を乾燥させます。

おまん小豆の小さな黄色の花 おまん小豆の黒く熟した房

黒・白・赤の3種類があるおまん小豆は、普通の小豆と比べて1粒が4ミリ程度と小粒ですが、
老化を防ぐポリフェノールがより多く含まれています。

おまん小豆の収穫風景 おまん小豆の収穫風景を撮影するテレビ金沢クルー

次に、場所を倶利伽羅塾に移し、中多さんのインタビューを交えながら、
「おまん小豆茶」や「おまん小豆アイス」を紹介するシーンが撮影されました。

おまん小豆茶を紹介する「おまん小豆の会」会長の中多弘さんとテレ金の北村まあさアナウンサー 淡いピンク色をしたおまん小豆茶

淡いピンク色をしたおまん小豆茶は、香ばしく飲みやすい健康茶です。
おまん小豆の焙煎した粉末に小豆の粒が混じったアイスは、
小豆のほどよい甘さと、サクサクっとした歯ざわりがたまりません。
どちらも、倶利伽羅塾やお茶のあずま園(金沢市)で購入できます。

おまん小豆アイスをほおばる北村アナウンサー ほどよい甘さのおまん小豆アイスと寺西さんお手製のおまん小豆の赤飯

寺西さんが当日朝3時から奮闘した「おまん小豆の赤飯」もみんなで試食しましたが、とても美味しかったです。
おまん小豆の赤飯は、津幡町特産にこだわった「つばた弁当 歳時記」で味わえます。
寺西さんによると、新商品「おまん小豆おにぎり」の販売も間近だそうです。

地元農産物の直売所「倶利伽羅塾」 河北潟干拓地のひまわり村で採れた「ひまわり油」

津幡町名産に出会える倶利伽羅塾は、新鮮な地元農産物の直売所になっています。
おまん小豆商品を始め、今が旬の津幡町特産「マコモ」も販売されています。
シャキッとした歯触りとほのかな甘みが特徴のマコモは、低カロリーで食物繊維が豊富なんだそうです。
その他、河北潟干拓地のひまわり村で採れた「ひまわり油」や、名物「倶利迦羅そば」も販売されています。
10月28日(日)には、倶利伽羅塾で「ござっさい祭り」が開かれます。

今が旬の津幡町特産「マコモ」 河北潟干拓地のマコモタケ栽培田

倶利伽羅塾での撮影後、河北潟干拓地の幹線道路沿いにあるマコモタケ栽培田も撮影されました。
津幡町では、町の特産化を目指して1998年に「津幡まこも生産組合」を立ち上げ、
減反政策で休耕田となった水田を活用してマコモの栽培を始めました。
毎年マコモの収穫時期の秋に、マコモを使った競技大会「飛べ!マコモ目指せ日本一」が開催されるほど、
今では町特産品として定着しています。

倶利迦羅不動寺のおまん地蔵 「おまん地蔵」を撮影するテレビ金沢クルー

最後に訪ねた倶利迦羅不動寺で、「おまん小豆」の名の由来となった
おまん伝説の「おまん地蔵」が撮影されました。
池の決壊から村を守るため、おまんという娘が人柱となった時、
腰につけていた籠からこぼれ落ちた小豆が自生し、
それを「おまん小豆」と呼ぶようになったと伝えられています。
おまん地蔵が建つ同境内からはるか下に見えるおまん池(埴生大池)は、
不動寺の雪解け水が溜まってできたといわれています。

不動寺境内から見えるおまん池

撮影終了後、山頂堂境内食堂で倶利迦羅そばをいただき、帰路につきました。
倶利伽羅峠を下る途中、倶利伽羅塾で販売されていた倶利伽羅りんごが
たわわに実った畑が目に留まり、思わず車を止めて写真を撮りました。

名物「倶利迦羅そば」が食べられる山頂堂境内食堂 津幡町特産「倶利伽羅りんご」

放送は今週日曜日の10月21日(日)朝7時30分から、必ず見てくださいね♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

中条四町獅子舞頭合せ

先週日曜日、秋晴れの空の下、津幡町中条地区で四町獅子舞頭合せが行われました。
津幡町南部に位置する中条地区には、加賀藩が参勤交代の際に通った
旧北陸道沿いにある北中条区と南中条区、太田区、そして、
古くは河北潟の縁を干拓してできた潟端区があります。

北中条区進北会の「雄獅子」 北中条区進北会の「雄獅子」

四町の獅子舞が奉納される各神社は、加賀藩前田家ゆかりの由緒ある神社です。
北中条区進北会の「雄獅子」が奉納される三輪神社は、
3代藩主利常公の夫人、天徳院(珠姫)が社殿を建立したとされています。
初代藩主利家公が創建したと伝えられる八幡神社には、
南中条区青条会の「にらみ獅子」が奉納されます。
河北潟の干拓に着手した5代藩主綱紀公が祀られた加賀神社には、
潟端区松雲会の「大獅子」が奉納されます。

南中条区青条会の「にらみ獅子」 南中条区青条会の「にらみ獅子」

地区の伝統を後世に残したいと、2006年に三町(南中条・太田・潟端)でスタートした獅子舞頭合せは、
2010年から北中条も参加し、文字通り四町となりました。
どの地区も、小学生以下のチビッ子たちが棒振りで大活躍でした(^O^☆♪
中でも、津幡町に現存する獅子頭の中で最も古いといわれる北中条の「雄獅子」に、
3歳ぐらいの男の子3人が立ち向かっていくと、その愛くるしさに会場からは大声援が送られました。

太田区青壮年会の「雄獅子」 太田区青壮年会の「雄獅子」

9月初めの河合谷を皮切りに、津幡能瀬、中条と続く獅子舞競演を見て、
津幡町は今でも伝統の獅子舞がしっかりと根付いている町なんだと感心しました。
いつの日か、これら全地区の獅子頭が一同に集結し、獅子舞大競演が披露されるのを見たいものですね♪

潟端区松雲会の「大獅子」 潟端区松雲会の「大獅子」

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

座学研修会「能・狂言について」

先日の座学研修会は、日本能楽協会会員の岩井嘉樹さんを講師に迎え、
日本の代表的伝統芸能『能』について勉強する機会を得ました。
岩井先生は宝生流シテ方としてご活躍され、
年12回の定期公演『加賀宝生能』に必ず出演されています。

能と聞けば、「敷居が高い」「格が高い」などと思われがちですが、
そのせいか、会場はちょっぴり緊張感に包まれていました。
「謡(うたい)と能が好きな酒屋のじいちゃん」と岩井先生が自己紹介されると、
会場からは笑いが起こり、一気に緊張がほぐれました。

ビデオを見ながら能・狂言について説明される岩井先生

最初に、10年前に岩井先生が舞われたビデオを見ながら、
能と狂言について分かりやすく説明していただきました。
能も狂言も、元々は祭りのアトラクションとして生まれ、
650年前までは庶民の間で楽しまれてきた大衆芸能でした。

能は、能面と装束をまとって舞うシテ方(主役)とワキ方(脇役)、
笛・小鼓・大鼓・太鼓の4つの楽器を担当する囃子方、
合唱を担当するコーラスグループから構成される、
オペラに近い総合的な舞台芸能です。
一方、狂言は能と同じ舞台を使いますが、囃子方とコーラスなしで、
主役と脇役がせりふのみのやり取りで物語を進める演劇です。

どちらも庶民の日常生活を題材として取り上げ、特に、
能は不倫や三角関係、心中などいった、現代のワイドショーで
取り上げられるような話題を題材にしています。
狂言は、もっぱらこっけい話を題材に取り上げ、
いわば漫才やコントに近いといえます。

大衆芸能として生まれた能は、室町時代以降、
歴代の権力者たちによって保護され、武家の教養として発展していきました。
歴史や神話、『平家物語』や『源氏物語』などの古典文学が
題材として扱われるようになりました。

足利義満や織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も能を好みましたが、
特に、秀吉は熱狂的なファンで能を厚く保護しました。
自分の手柄話を題材にさせ、自分を主役にさせたほどです。
さらに、能役者のスポンサーになり、能楽界で秀吉は「神様」と崇められていたそうです。

前田利家も少なからず秀吉の影響を受け、加賀藩でも能が盛んになっていきました。
中でも、5代藩主前田綱紀の保護で、宝生流が金沢に根付き、
庶民にも謡や囃子が広まったのが、加賀宝生の始まりとされています。
専業の能役者に加えて、大工や左官などの職人たちも能をたしなみ、
いわゆる町役者が育っていきました。

このような歴史的風土から、金沢では今でも能が盛んです。
毎月第一日曜日、県能楽堂で開かれる定期公演『加賀宝生能』は、
チケット2,000円の低料金で能を楽しめます。
さらに、気軽に能楽の魅力に触れてもらうため、
7・8月の2ヶ月間、毎週土曜日に「観能の夕べ」が開かれます。
わずか1,000円で、能・狂言を各一番ずつ観ることができるので、
外国人など観光客も非常に多いそうです。

能楽には5つの流派があり、演目は全部で250曲ほどですが、
その内、北陸をテーマにした演目で一番有名なのは、
歌舞伎『勧進帳』でも知られる小松市「安宅の関」が舞台の『安宅』です。
義仲にまつわる演目として、実盛の最期を題材とする『実盛』は、
加賀市源平町「首洗いの池」が舞台となっています。

『実盛』を熱演する岩井先生 『実盛』を熱演する岩井先生

そして、倶利伽羅合戦を題材とした『巴』では、巴の霊が義仲との別れを再現し、
最期まで共にできなかったことを嘆き、僧に供養を願うという悲劇です。
この『巴』は、昨年、津幡町「シグナス観能の会」で上演され、大好評でした。
ちなみに、津幡町には第一線で活躍するプロの能楽師(ワキ方・笛)が2人いるそうです。

『実盛』を熱演する岩井先生

最後に、岩井先生による『実盛』が実演され、最後の山場の10分間を熱演していただきました。
かかとを付けて前進する「すり足」と足拍子で舞う姿は、力強く美しかったです。
岩井先生、今回は貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 カフェ 津幡町特産 獅子舞 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。