FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野湊神社の大絵馬

毎日、初夏を思わせるような良いお天気が続きますね♪
昨日、金沢の大野湊神社に行ってきました。
当ブログの義仲講座④「倶利伽羅合戦後~入京まで」でも紹介しましたが、
同神社には倶利伽羅源平合戦を描いた大絵馬(幅14.33メートル)が残っています。

日本一(幅14.33メートル)といわれる大野湊神社の大絵馬 日本一(幅14.33メートル)といわれる大野湊神社の大絵馬

日本一といわれるこの大絵馬には、左端に「安政二年乙卯歳六十二翁景栄筆」、
右端に「奉納御寶前 宮腰氏子中」の銘文が記されています。
1855(安政2)年、加賀藩のお抱え絵師・松波景栄の作で、
『源平盛衰記』を題材にした各場面が右から左へと描かれています。

埴生護国八幡宮で義仲が戦勝祈願をした場面 火牛の計が描かれた倶利伽羅源平合戦の場面

絵馬は右から埴生護国八幡宮で義仲が戦勝祈願をした場面で始まり、
次に火牛の計が描かれた倶利伽羅源平合戦、そして、当時の大野湊神社や
同神社がある宮腰(現在の金石町)の街並みと港の賑わいの場面へと続いています。
ちなみに、この絵馬は当時の宮腰の氏子たちが寄進したそうですが、
北前船がもたらした当時の宮腰の経済力や財力がうかがえます。

当時の大野湊神社や宮腰(現在の金石町)の街並みと港の賑わいの場面 大絵馬が飾られた大野湊神社旧拝殿

1300年の歴史を誇る同神社は、加賀藩前田家の歴代藩主と繋がりが深く、
社宝の文化財を数多く所有しています。
その一つである大絵馬が飾られた旧拝殿は、1663(寛文3)年建立と伝えられ、
絵馬ともに金沢市文化財に指定されています。

大野湊神社の鳥居 大野湊神社の拝殿

あいにく見逃しちゃいましたが、毎年5月15日の春祭では、
境内の能舞台にて、約400年続く神事能が奉納されるそうです。
来年はぜひ、見に行きたいですね♪

大野湊神社の神馬 静寂に包まれた大野湊神社境内

鳥居をくぐると、真っ白な神馬が出迎えてくれる境内は木々に覆われ、
金沢市内の町中にもかかわらず、静寂に包まれていました。
境内からは裏手の大野湊緑地公園に続く遊歩道が伸び、その先には
河北潟干拓に尽力した銭屋五兵衛記念館があり、のんびりと散歩するにはもってこいの空間でした。

大野湊神社裏手の大野湊緑地公園 大野湊神社裏手の大野湊緑地公園

その日は事前連絡せずに行ったにもかかわらず、
貴重な大絵馬を快く拝観させていただき、本当にありがとうございました。
大絵馬を見たい方は、事前に電話で連絡して行ってくださいね(^o^)
◆大野湊神社:076-267-0522
スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

季節の山菜が味わえる、おまん小豆の茶屋『笑み』

おまん小豆の茶屋『笑み』オープンから1ヶ月半あまり、
同店がある津幡町住吉公園周辺には喫茶店などがないことから、
地域住民の交流の場としてすっかり定着しているようです。

町観光ボランティアガイドとしても活躍中の同店オーナー寺西さんは、
おまん小豆で町おこし活動に取り組み始めてから早10年!
念願の茶屋を開いた「平成のおまんさん」は、今後もよりいっそう
おまん小豆をアピールしていきたいと、熱く語ってくれました。

源平の旗をイメージした源平おにぎり ボリューム満点のおまん小豆ぜんざい

この日は、「源平おにぎり」と「おまん小豆ぜんざい」をいただきました(^o^)
源平おにぎりは、おまん小豆が採れる倶利伽羅の源平合戦にちなんだ紅白のおにぎりで、
おまん小豆入りが平家の赤旗、マコモ入りが源氏の白旗をイメージしています。
ぜんざいには、地元で定評がある小泉菓子舗の大きな丸餅が入っており、ボリューム満点でした。

源平おにぎりには、旬の地物野菜の煮物が付いており、その日はタケノコとワラビ、インゲンの炊き合わせでした。
タケノコとワラビは倶利伽羅の相窪で採れたもので、ワラビは先日、寺西さん自身が採ってきたんだそうです。

倶利伽羅地区相窪産タケノコとワラビ、インゲンの炊き合わせ 倶利伽羅地区相窪産ウドの味噌漬け

相窪出身の寺西さんはこの時期、自分の庭のように知り尽くした相窪の山へ山菜採りに出かけ、
今しか味わえない山菜を使った一品に腕をふるい、毎日、日替わりで出しているそうです。
その自慢の「ワラビの昆布締め」と「ウドの味噌漬け」もいただきましたが、
どちらも素材の味を生かした素朴な一品でした(^o^)

1パック300円の源平おにぎり 1個200円のおまん小豆シフォンケーキ

この「源平おにぎり」、テイクアウトも出来るんですよ♪
おまん小豆とマコモのおにぎり1個ずつに、寺西さんが丹精込めて作ったお漬物が付いて、1パック300円です。
大人気の「おまん小豆シフォンケーキ」も1個(200円)からお持ち帰り出来るんで、
気軽に買いに来てくださいとのことでした。
また、夏に向けて、おまん小豆の冷白玉ぜんざいと水ようかんを試作中だそうです。

黄色の可憐な花をつけるおまん小豆 収穫したおまん小豆

最後に、『笑み』からの耳寄り情報です!
おまん小豆は7月に種を蒔き、10月に収穫の時期を迎えますが、
その栽培講習会を6月下旬に開催し、種も無料配布するそうです。
「おまん小豆を栽培してみたい!」という方は、ぜひ参加してくださいね☆

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

春を迎えた木窪大滝の「大滝荘ポプラ」がオープン!

今年の連休は良いお天気が続きましたね♪
そんな中、久しぶりに河合谷の木窪大滝まで車を走らせました。

春の日差しを浴びながら大海川を泳ぐコイノボリたち 夏本番を待つ木窪大滝

途中、下河合橋が架かる大海川に、春の日差しをいっぱい浴びながら
たくさんのコイノボリが気持ち良さそうに泳いでいました(^o^)
この大海川本流から分かれた木窪川支流の上流に、木窪大滝があります。

新緑の山中で一際目立つ朱色の大滝橋 富山から木窪大滝を見にやって来たポプラのお客さんたち

長い冬が終わり、木窪大滝にもようやく春がやって来ました。
相変わらず豪快な音を立てて流れ落ち、来たる夏本番を待ち構えているかのようでした(^o^)
大滝をさらに先へ進むと、突然目の前に朱色の大滝橋が現れ、新緑を迎えた山の中で一際目立っていました。
この大滝橋を渡ると富山県に入り、道は宮島峡方面に向かいます。

春を感じさせる季節の花々 春を感じさせる季節の花々

ここまで来たんで、久しぶりに「大滝荘ポプラ」に立ち寄りました。
初めての春を迎えた「大滝荘ポプラ」では、庭の桜が見頃の4月半ばに店をオープンしたそうです。
残念ながら桜は散っていましたが、何気なく生けられた季節の花々が店内のあちこちに飾られ、
陽気な春を感じさせてくれました(^o^)

春を感じさせる季節の花々 春を感じさせる季節の花々 春を感じさせる季節の花々

ポプラ自慢のメニューといえば、旬の地物食材を使った「おまかせランチ」です。
その日も翌日のランチに出すために、付近の山で採ったばかりのワラビやノビル、
タケノコの下ごしらえをしてる最中でした。

付近の山で採れたばかりのワラビやノビル、タケノコ ポプラ特製「そばおやき」

同店主の由田由紀江さんは津幡町興津在住で、興津米を使ったパンや
興津産ソバ粉を使ったおやきなど、地産地消にこだわったメニュー作りに力を入れています。
茹でたジャガイモを潰し、興津産ソバ粉を混ぜて焼いた「そばおやき」に、
バジルソースをつけて試食させていただきましたが、素朴な味わいでとっても美味しかったですよ♪
この特製おやき、ランチにどんな姿で登場するか、楽しみですね!

ハート型ミニフライパンに詰めていくおやき こんがりと焼いてハート型おやきの出来上がり

ポプラ休業中の冬の間は、趣味の押し花やデコパージュにいそしむ由田さん、
その手作りデコパージュ石鹸(1個300円)も店内で販売しています。

由田さんお手製のデコパージュ石鹸 由田さんお手製の押し花

最後に、ポプラからの嬉しいお知らせです!!今年の夏は、庭にピザ釜を設置するんだそうです。
石釜で焼いた手作りピザ!夏が待ち遠しいですね☆

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

津幡町種 シャクナゲの寺「妙成寺」

先日、河合谷へ行った帰りに、津幡町種で「シャクナゲの寺 妙成寺」と書かれた
道案内の看板を偶然見つけ、立ち寄ってみました。
山あいの集落にひっそりと建つ同寺の境内には、あちこちに白やピンクのシャクナゲが大輪の花を咲かせ、
その日も次々と訪れた人の目を楽しませていました。

「シャクナゲの寺 妙成寺」と書かれた道案内の看板 山あいの集落にひっそりと建つ妙成寺

とっても気さくな(^o^)住職の本林常令(もとばやし・じょうりょう)さんに、境内を案内していただきました。
40年前から住職が少しずつ植え始め、今や50本を数えるまでに増えたシャクナゲは、
ちょうどこの時期、連休あたりが見頃なんだそうです。
見学は自由なんで、いつでも気軽に見に来てくださいとのことでした。

大輪の花を咲かせる境内のシャクナゲ 大輪の花を咲かせる境内のシャクナゲ

文明年間(1469~87年)に創立されたと伝えられる同寺は、
津幡町で寺子屋を開いた最初の道場なんだそうです。
その歴史を物語るかのように、境内にはツバキの木が巻き付いた樹齢500年のシイの名木がありました。

大輪の花を咲かせる境内のシャクナゲ 樹齢500年を誇るシイの名木

この後、住職のご好意に甘えてお宅におじゃまし、住職の息子さん、
本林靖久さんが出演されたNHK番組「こころの時間」のDVDを見せていただきました。
彼は、「幸せの国」として最近注目されているブータンを、
長年にわたって研究されている僧侶で宗教人類学者です。
「ブータンの人々が幸福を感じているのは、真剣に死と向き合っているから」と
語る彼の言葉が印象的でした。

ご多忙な本林先生ですが、8月旧盆には帰郷され、
同寺で講話会が開かれるそうですが、ぜひ聞きに行きたいですね♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

倶利伽羅 竹橋宿の獅子舞

先日、倶利迦羅不動寺の「厄除け念仏赤餅つき」を見に行った帰りに、
津幡町竹橋(たけのはし)で偶然、集落を回る獅子舞に出くわしました。
その日は同地区の倶利伽羅神社の春祭りで、各家の前には趣ある絵柄の提灯が飾られていました。

江戸時代から伝わる竹橋獅子舞の柳川流の棒振り 風情ある街並みが残る竹橋宿

かつて加賀藩の参勤交代の宿場町として栄えた竹橋には、集落の真ん中を
倶利伽羅峠に向かう一本の長い旧街道が走り、当時の風情ある街並みが今も残っています。

獅子舞に付き添う竹橋獅子舞保存会の中川敏哲さんによると、同神社の春季祭礼は本来なら4月13日ですが、
他の地区同様、住民が休みを取れる4月29日に開催するようになったそうです。
加賀獅子の流れを汲む同獅子舞では、江戸時代から伝わる柳川流の棒振りの流技を忠実に守り、
今日まで伝えていると、誇らしげに語ってくれた中川さんが印象的でした(^o^)

チビッ子大活躍の竹橋獅子舞 天狗面の「猿田彦」が道案内する竹橋の神輿

「倶利伽羅合戦図屏風」でその名が知られる倶利伽羅神社には、
その日の午前中に集落を回った神輿が飾られていました。
残念ながら、津幡ではめずらしい神輿の行列は見れなかったのですが、
行列では天狗の面を被った「猿田彦(さるたひこ)」が道案内するんだそうです。

「つばたふるさと探偵団」会長の越野昭さんの説明では、日本神話に登場する神「猿田彦」は、道祖神ともいわれ、
その容姿が背が高くて鼻が高い天狗に似ていることから、「天狗さん」の愛称で親しまれているそうです。

「倶利伽羅合戦図屏風」で知られる倶利伽羅神社 上から見た倶利伽羅神社の石段

普段はひっそりと静まりかえった同神社で、この後、
越野さんたち地区民が参列して春季祭礼が厳かに執り行われました。

厳かに執り行われる倶利伽羅神社の春季祭礼 倶利伽羅神社所蔵「倶利伽羅合戦図屏風」

源平の興亡の明暗を分けた最初の大きな戦いともいえる「倶利伽羅源平合戦」、
その5月11日(1183年)が今年もやって来ますが、
その壮絶な戦いが描かれた「倶利伽羅合戦図屏風」のレプリカが、
同神社からほど近い道の駅「倶利伽羅源平の郷」竹橋口に展示されています。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

厄除け念仏赤餅つき in 倶利迦羅不動寺

連休前半の4月28日・29日に、倶利伽羅峠の春を告げる恒例イベント
「厄除け念仏赤餅つき」が倶利迦羅不動寺で開催されました。
その日は初夏を感じさせる陽気も手伝ってか、不動寺に続く道は車の列!頂上の駐車場はどこも満杯!
普段は静かな不動寺境内も、大勢の参拝者で埋め尽くされていました。

念仏が唱えられる中、赤餅をつく白装束姿の有志たち

念仏赤餅つきのいわれは、その昔、倶利伽羅峠で旅人に悪さをする猿たちに困っていたところ、
和尚さんがお不動様からのお告げで、赤く染めた餅を猿たちに与え食べさせると、
猿たちは二度と悪さをしなくなったそうです。
以来、このお餅はお不動様の霊験あらたかな「厄除けのお餅」とされ、今日に受け継がれています。

参拝者で埋め尽くされた不動寺境内 参拝者も参加して念仏赤餅つき

境内では「懺悔、懺悔、六根清浄(ざんげ、ざんげ、ろっこんしょうじょう)」と五十嵐光峯住職たちが唱える中、
白装束の人たちが4つの臼で「念仏赤餅」をついていきます。
この「六根」とは、人間の五感と心の根幹を指し、犯した罪を悔い改め、
汚れを払って清らかになるために唱えるんだそうです。
ちなみに、赤餅をつく白装束姿の有志たちは、毎年公募で参加しているそうです。

手早く丸め笹の葉で包んでいく赤餅 参拝者といっしょに念仏赤餅をいただく五十嵐住職

つき上がった赤餅は、同不動寺の信徒でつくる「倶利迦羅不動寺索(なわ)の会」の
会員たちの手でちぎって丸められ、笹の葉で包んでいきます。
3回目の餅つきが終わったところで、五十嵐住職のお加持をいただいた後、ようやく(^o^)参拝者に配られました。
いただいたお餅をその場で頬張りながら、一年の厄を払ってきました。

五十嵐住職を交えて白装束の有志たちが記念撮影 手向神社の貴重な「石堂神殿」

餅つきが終わった後も、境内売店で「念佛赤餅」を買い求める人や、
食堂では名物「倶利迦羅そば」を味わう人で大盛況でした。
普段は扉が閉められた同境内の手向神社も、この日は開放され、
津幡町指定文化財の貴重な「石堂神殿」を見ることができました。

「念仏赤餅」を買い求める人で大賑わいの境内売店 名物「倶利迦羅そば」を味わう人で大盛況の境内食堂

帰りは不動寺から倶利伽羅峠を下り、山森集落に入ると、道路沿いの見事な八重桜に思わず車を止めていました。
その桜並木の側に建つ古民家の本多さんがたまたまおられ、
春の陽だまりの中、おしゃべりをしながら満開の桜を楽しみました。

見事な満開を見せる八重桜

1年の半分は雪に埋もれる倶利伽羅峠の冬もようやく終わり、春本番を迎えたその日、
家の周りを覆っていた雪囲いのトタン板を外しにやって来たそうです。
冬はすぐにやって来るので、雪囲いの骨組みは外さないで年中設置しておくそうです。
今では峠の麓に住む本多さん、こうしてたまにやって来て、窓や戸を開け放ち、
家の中の空気を入れ換えて古い家屋を管理しているんですね。

かつては茅葺き屋根の茶屋だった本多さん宅

かつては加賀藩の参勤交代の主要道だった倶利伽羅峠には、
街道沿いに何軒もの茶屋が軒を並べ、往来する旅人で賑わう峠でした。
本多さんの家も、以前は茅葺き屋根の茶屋だったそうです。
明治に入ると、倶利伽羅峠の北に位置する天田峠に新道が敷かれ、
車社会になる前にこの峠道は旧道となったおかげで、今も当時の風情を色濃く残しています。

そこへ小さなお子さんを連れた若いご夫婦が峠から下って来られ、
「天田峠に行くには?」と聞かれ、びっくりしました。
天田峠側の山頂駐車場に車を止めた彼らは、道を間違えて倶利伽羅峠を下って来たのでした。
小さなお子さんを抱えたお母さんと、ベビーカーを引っ張るお父さんの疲れ切った顔を見た本多さんは、
またこの峠を上っていくのは大変だと、自分の車で彼らを駐車場まで送っていきました。

倶利伽羅峠の満開の八重桜とともに、そこに住む人の心の優しさ(^o^)に触れた日でした。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 カフェ 津幡町特産 獅子舞 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。