FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倶利伽羅 寺尾夏まつり

昨晩、倶利伽羅の寺尾夏まつりに行ってきました。
倶利伽羅と言えば、やはり義仲軍が勝利した源平合戦ですが、
源平の郷にちなんだ催し物がいっぱいでした。

焼きそばや焼き鳥が大人気の屋台 「よしなかくん」と「ともえちゃん」も祭りに参加

中でも、刈安小学校の児童や卒業生による「源氏太鼓」では、
一定のリズムで太鼓を打ち鳴らす姿が勇壮で素晴らしかったです。
伝統芸能「源氏太鼓」は、倶利伽羅源平合戦の大勝利を
祝って打ち鳴らした「勝利の太鼓」が始まりとされています。
後継者が少なくなる中、この「源氏太鼓」を継承しようと、
九折(つづらおり)源氏太鼓保存会が児童を指導しているそうです。

刈安小学校の児童や卒業生による「源氏太鼓」 刈安小学校の児童や卒業生による「源氏太鼓」 

次に、平家(赤旗)と源氏(白旗)に分かれて戦う伝統競技「源平騎馬戦」は、
他の騎馬戦には見られないユニークなものでした。
双方の歌合戦で始まり、各大将が口上を述べ合った後で、戦いが始まります。
今年は予定時間の遅れから1回戦のみでしたが、残念にも?赤旗の平家が勝ちました。

赤旗の平家と白旗の源氏 平家と源氏に分かれて戦う「源平騎馬戦」

倶利伽羅源平合戦では、津幡出身の勇敢な武士たち(都幡小三郎隆家と井家二郎範方)が
源氏軍に加勢したからか?ここ倶利伽羅地区は、源氏びいきの土地柄だそうです。
刈安公民館の吉田暁館長や坂戸の小谷さんの話では、以前は刈安小学校の運動会で
伝統種目として行われていた「源平騎馬戦」で、平家の大将のなり手がいなかったほど、
子どもたちの間でも「源氏は強くてかっこいい!」と人気があったようです。

会場全員で合唱した「倶利伽羅峠の歌」は、源平合戦を歌にしたもので、
同小学校運動会での「源平騎馬戦」で歌い継がれてきました。
ここ倶利伽羅峠で繰り広げられた歴史の1ページを物語る歌に、
ロマンを感じずにはいられませんでした。

夜空に輝く打ち上げ花火 寺尾夏祭りのゆるキャラ入りTシャツ

最後に、源平の郷にふさわしい寺尾夏まつりを開催する
倶利伽羅地区の人たちに、拍手喝采を送ります\(^o^)/

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

倶利伽羅万灯会のトトロ

津幡町ファンの金沢市民です(^^)

今年はじめて倶利伽羅さんの万灯会に、
行かせてもらって、大感動して帰ってきました!!

ところで、あの可愛らしいトトロは、
倶利伽羅不動寺の方々が作られたのでしょうか?

気になってネットで調べてみたのですが、
どこも書いてらっしゃらないので、
探偵団さんで調査して頂けないかな、と、
ずうずうしくも書きこんでしまいました♪

毎年開催されてるようなので、
また来年も参加したいので、
よろしくお願いしますm(_ _)m

倶利伽羅万灯会のトトロ

津幡町ファンのたぬきねこ さん

お問合せありがとうございます。

今、津幡町役場に確認中です。(^^;
また、つばたふるさと探偵団のFacebookページでも聞いています。

毎年ボランティアで参加しているつばたふるさと探偵団のメンバーによると、
この光のトトロが飾られたのは今年が初めてとか・・・

これからも津幡町の応援よろしくお願いします。(^O^☆♪
検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 津幡町特産 獅子舞 カフェ 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。