スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中条四町獅子舞頭合せ

先週日曜日、秋晴れの空の下、津幡町中条地区で四町獅子舞頭合せが行われました。
津幡町南部に位置する中条地区には、加賀藩が参勤交代の際に通った
旧北陸道沿いにある北中条区と南中条区、太田区、そして、
古くは河北潟の縁を干拓してできた潟端区があります。

北中条区進北会の「雄獅子」 北中条区進北会の「雄獅子」

四町の獅子舞が奉納される各神社は、加賀藩前田家ゆかりの由緒ある神社です。
北中条区進北会の「雄獅子」が奉納される三輪神社は、
3代藩主利常公の夫人、天徳院(珠姫)が社殿を建立したとされています。
初代藩主利家公が創建したと伝えられる八幡神社には、
南中条区青条会の「にらみ獅子」が奉納されます。
河北潟の干拓に着手した5代藩主綱紀公が祀られた加賀神社には、
潟端区松雲会の「大獅子」が奉納されます。

南中条区青条会の「にらみ獅子」 南中条区青条会の「にらみ獅子」

地区の伝統を後世に残したいと、2006年に三町(南中条・太田・潟端)でスタートした獅子舞頭合せは、
2010年から北中条も参加し、文字通り四町となりました。
どの地区も、小学生以下のチビッ子たちが棒振りで大活躍でした(^O^☆♪
中でも、津幡町に現存する獅子頭の中で最も古いといわれる北中条の「雄獅子」に、
3歳ぐらいの男の子3人が立ち向かっていくと、その愛くるしさに会場からは大声援が送られました。

太田区青壮年会の「雄獅子」 太田区青壮年会の「雄獅子」

9月初めの河合谷を皮切りに、津幡能瀬、中条と続く獅子舞競演を見て、
津幡町は今でも伝統の獅子舞がしっかりと根付いている町なんだと感心しました。
いつの日か、これら全地区の獅子頭が一同に集結し、獅子舞大競演が披露されるのを見たいものですね♪

潟端区松雲会の「大獅子」 潟端区松雲会の「大獅子」

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 カフェ 津幡町特産 獅子舞 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。