FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倶利伽羅 竹橋宿の獅子舞

先日、倶利迦羅不動寺の「厄除け念仏赤餅つき」を見に行った帰りに、
津幡町竹橋(たけのはし)で偶然、集落を回る獅子舞に出くわしました。
その日は同地区の倶利伽羅神社の春祭りで、各家の前には趣ある絵柄の提灯が飾られていました。

江戸時代から伝わる竹橋獅子舞の柳川流の棒振り 風情ある街並みが残る竹橋宿

かつて加賀藩の参勤交代の宿場町として栄えた竹橋には、集落の真ん中を
倶利伽羅峠に向かう一本の長い旧街道が走り、当時の風情ある街並みが今も残っています。

獅子舞に付き添う竹橋獅子舞保存会の中川敏哲さんによると、同神社の春季祭礼は本来なら4月13日ですが、
他の地区同様、住民が休みを取れる4月29日に開催するようになったそうです。
加賀獅子の流れを汲む同獅子舞では、江戸時代から伝わる柳川流の棒振りの流技を忠実に守り、
今日まで伝えていると、誇らしげに語ってくれた中川さんが印象的でした(^o^)

チビッ子大活躍の竹橋獅子舞 天狗面の「猿田彦」が道案内する竹橋の神輿

「倶利伽羅合戦図屏風」でその名が知られる倶利伽羅神社には、
その日の午前中に集落を回った神輿が飾られていました。
残念ながら、津幡ではめずらしい神輿の行列は見れなかったのですが、
行列では天狗の面を被った「猿田彦(さるたひこ)」が道案内するんだそうです。

「つばたふるさと探偵団」会長の越野昭さんの説明では、日本神話に登場する神「猿田彦」は、道祖神ともいわれ、
その容姿が背が高くて鼻が高い天狗に似ていることから、「天狗さん」の愛称で親しまれているそうです。

「倶利伽羅合戦図屏風」で知られる倶利伽羅神社 上から見た倶利伽羅神社の石段

普段はひっそりと静まりかえった同神社で、この後、
越野さんたち地区民が参列して春季祭礼が厳かに執り行われました。

厳かに執り行われる倶利伽羅神社の春季祭礼 倶利伽羅神社所蔵「倶利伽羅合戦図屏風」

源平の興亡の明暗を分けた最初の大きな戦いともいえる「倶利伽羅源平合戦」、
その5月11日(1183年)が今年もやって来ますが、
その壮絶な戦いが描かれた「倶利伽羅合戦図屏風」のレプリカが、
同神社からほど近い道の駅「倶利伽羅源平の郷」竹橋口に展示されています。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 カフェ 津幡町特産 獅子舞 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。