FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津幡町種 シャクナゲの寺「妙成寺」

先日、河合谷へ行った帰りに、津幡町種で「シャクナゲの寺 妙成寺」と書かれた
道案内の看板を偶然見つけ、立ち寄ってみました。
山あいの集落にひっそりと建つ同寺の境内には、あちこちに白やピンクのシャクナゲが大輪の花を咲かせ、
その日も次々と訪れた人の目を楽しませていました。

「シャクナゲの寺 妙成寺」と書かれた道案内の看板 山あいの集落にひっそりと建つ妙成寺

とっても気さくな(^o^)住職の本林常令(もとばやし・じょうりょう)さんに、境内を案内していただきました。
40年前から住職が少しずつ植え始め、今や50本を数えるまでに増えたシャクナゲは、
ちょうどこの時期、連休あたりが見頃なんだそうです。
見学は自由なんで、いつでも気軽に見に来てくださいとのことでした。

大輪の花を咲かせる境内のシャクナゲ 大輪の花を咲かせる境内のシャクナゲ

文明年間(1469~87年)に創立されたと伝えられる同寺は、
津幡町で寺子屋を開いた最初の道場なんだそうです。
その歴史を物語るかのように、境内にはツバキの木が巻き付いた樹齢500年のシイの名木がありました。

大輪の花を咲かせる境内のシャクナゲ 樹齢500年を誇るシイの名木

この後、住職のご好意に甘えてお宅におじゃまし、住職の息子さん、
本林靖久さんが出演されたNHK番組「こころの時間」のDVDを見せていただきました。
彼は、「幸せの国」として最近注目されているブータンを、
長年にわたって研究されている僧侶で宗教人類学者です。
「ブータンの人々が幸福を感じているのは、真剣に死と向き合っているから」と
語る彼の言葉が印象的でした。

ご多忙な本林先生ですが、8月旧盆には帰郷され、
同寺で講話会が開かれるそうですが、ぜひ聞きに行きたいですね♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
つばたふるさと探偵団

津幡町観光ボランティアガイド

津幡町観光ボランティアガイド
〒929-0393
石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3番地 津幡町役場交流経済課内
TEL:076-288-2129
FAX:076-288-6470

関連リンク
最新記事
カテゴリー
キーワード

祭り 義仲と巴 カフェ 津幡町特産 獅子舞 

月別アーカイブ
RSSリンクの表示



Facebook つばたふるさと探偵団
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。